ぐにゃぐにゃ世界の冒険 (たくさんのふしぎ傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
4.55
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834011210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1987年11月 発行
    1992年10月 たくさんのふしぎ傑作集第1刷

    数学のトポロジーの分野を、わかりやすく描いた絵本。ストーリーにも絵にも感動する。
    トポロジーの見方を、「ぐにゃぐにゃの世界」と見立てて、「ぐにゃぐにゃの世界」に迷い込んでしまった飼い猫のスーを探す冒険が始まる。

    冒険の中で、形の性質に少しずつ迫っていくところや、スーが3人のり浮き袋と同じ形だと気付くところなど、どのページにも考える仕掛けがあって楽しい。タイガー立石さんの絵があってはじめて成り立つ絵本だと思う。

  • 数学者と、手塚治虫に憧れる漫画家によるトポロジーの絵本。

    ぐにゃぐにゃ世界には、物質は大別して二つしかない。丸と浮き袋だけ。浮き袋の穴の数は、元々そのものにいくつ穴が開いていたかによって決まっている。

    世界は、こんな風でもあるのか?

  • 希少すぎてみつからない。

  •  著者の瀬山氏がいてこその本書だと思うのですが,このグニャグニャ世界を描いたタイガー立石氏に脱帽です。
     ネコがトポロジーの世界でどんな風に変化するのかという図などは,秀逸ですね。この絵がないと,トポロジー入門なんてできません。すごい本です。
     最近なら,デジタル映像でこういうものをすぐに見せられるようになっているんでしょうね。
     でもこういう絵本から,形の変化を想像するのも,ノーミソの訓練としては楽しいかもね。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1946年、群馬県に生まれる。東京教育大学大学院理学研究科修了。2011年、群馬大学教授を退職。現在、一数学愛好家として活動を続けている。専門は位相幾何学(トポロジー)。
『バナッハ‐タルスキの密室』、『トポロジー 柔らかい幾何学』(いずれも日本評論社)、『基礎の数学 線形代数と微積分』(朝倉書店)、『「無限と連続」の数学 微分積分学の基礎理論案内』(東京図書)、『はじめての現代数学』(早川書房)、『なっとくする集合・位相』、『ゼロから学ぶ数学の1,2,3』、『ゼロから学ぶ数学の4,5,6』(いずれも講談社)など、好評著書多数。数学を楽しんでもらうことを執筆のモットーとしている。

「2019年 『数学にとって証明とはなにか ピタゴラスの定理からイプシロン・デルタ論法まで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬山士郎の作品

ツイートする
×