クリスマス・クリスマス (たくさんのふしぎ傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
3.67
  • (3)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834011401

作品紹介・あらすじ

小学中級向き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界のクリスマスについて、写真と文で説明した本。

    たくさんのふしぎ傑作集

  • クリスマスの事が分かるわよ!‼️

  • 本書は、世界中の人がはなやかに祝うお祭りは、クリスマスだけということで、
    各国のクリスマスの様子を紹介しながら、
    クリスマスのなぜと歴史をひも解いていく。

    文体は、著者がやさしく語りかけてくるようで読みやすい。

    子どもの読者を想定しているのであるが、
    中身はきちんと現地に行って体験したことに基づいて書いているので、説得力がある。

    中身が大人にも通用するものをわかりやすくするのは、
    完全に子供向けにするのとはまた違った技術が必要なのだと感じさせられた。

    子供向けの本ではあるが、大人が読んでも楽しめる深みがある。

    著者のほかの作品を読んだことがある方なら、
    そこここに著者らしさを感じとるであろう。

    児童文学作家としてイメージされる著者だが、
    魔女に会いに行って本を書いたりもしており、取材本も読みやすい。

    各国の今(といっても20年前ではあるけれど。)のクリスマスを紹介しながら、
    サンタクロースやクリスマス・ツリーの起源などを紹介していく。

    写真やイラストがふんだんに使われていて、眺めるだけでも雰囲気を楽しめる。

    スウェーデンとフィンランドのサンタクロースの家にも訪問している。

    オーストラリアの真夏のクリスマスも紹介されていて、
    同じ日の正反対の季節を楽しめる。

    著者の真骨頂は、最終頁にすべて詰まっている。

    特に、最終パラグラフ。

    なぜクリスマスの取材に行くのかというコタエが全部ここに入っている。

    彼女がクリスマスと魔女に見た本質は同じだったのだ。

    願うこと。そして、あちらの世界とこちらの世界をつなぐこと。

    そして、そのようなまなざしを持ってクリスマスと魔女を見つめる
    角野栄子さん自身が、願う人であり、つなぐ人なのだ。

  • クリスマスのなぜ?を教えてくれる絵本。でも後半は感の鋭い子は気づいてしまうんではなかろうか?

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

角野栄子 東京に生まれる。1959年から二年間ブラジルに滞在。1970年頃より絵本、童話の創作をはじめる。『ネッシーのおむこさん』(金の星社)、「〈小さなおばけ〉シリーズ」(ポプラ社)、「〈魔女の宅急便〉シリーズ」『ハナさんのおきゃくさま』(以上福音館書店)などの作品がある。『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で旺文社児童文学賞、『大どろぼうブラブラ氏』(講談社)で産経児童出版文化賞大賞、『魔女の宅急便』でIBBYオナーリスト、野間児童文芸賞、小学館文学賞、『トンネルの森1945』(KADOKAWA/メディアファクトリー)で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。2018年には国際アンデルセン賞・作家賞を受賞した。

「2022年 『ケケと半分魔女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角野栄子の作品

ツイートする
×