マトリョーシカちゃん

制作 : В. Викторов  И. Белопольская 
  • 福音館書店
3.43
  • (15)
  • (32)
  • (75)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 305
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834011883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マトリョーシカちゃんは寂しいので、他にも3人がいるよ、遊ぼうと張り紙を出した。
    そこへ4人の人形がそれぞれやってきて、マトリョーシカちゃん以外の子はどこにいるの、とやってくる。
    でもなかなか他の3人が現れないので、やってきた3人の人形たちは、嘘をついていたの、とマトリョーシカちゃんを責める。
    でも実は残りの3人はマトリョーシカちゃんの中にいて、めでたく4組で踊ったり、話をしたり楽しくすごす。

    マトリョーシカがどんなものだか知らない子にはいいかも。

  • この本を読んで、マトリョーシカを覚えた娘。みんながペアになって踊る場面が好きだった。読み聞かせでは名前が読みづらかった。2歳10ヶ月

  • 図書館で借りた

  • 2017.1.14
    .
    #マトリョーシカちゃん
    #加古里子
    #福音館書店
    .
    子どもの頃、この絵本でマトリョーシカというものを知った。
    ぱかっと小さな子が出てくるのがちょっとドキドキして感動しておもしろくて、くりかえし読んだ。
    何度読んでも新鮮で不思議と飽きなかった。
    ついこの間、大人になってから人に読んでもらう機会があって、改めて単純だけどなんておもしろいおはなしなんだろうと思った。
    そして今、実家から持ってきた私の名前が書かれたこの月刊誌「こどものとも」の『マトリョーシカちゃん』を、自分の息子が読んでいる。
    大切なものはちゃんと受け継がれていくんだな。
    .
    #絵本 #日々絵本 #絵本の記録 #26冊目

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 次々に出て来てかわいい人形よね~

  • かこさとし『だるまちゃんとてんぐちゃん』創作のきっかけになった本だと知り、借りてよんだ。

    おにんぎょうの マトリョーシカちゃんは、さみしくなったので、おきゃくさんを よぶことに しました。
    「……ドナーシャも クラーシャも ダーシャも まっています。 マトリョーシカ」と かみに かいて、うちの そとに はりだしておきました。

    ザ・絵本、絵だけよんでも話がわかる。
    マトリョーシカを知らなくても楽しめると思う。
    登場するおもちゃの大きさも考えられている。
    おはなしとしてもおもしろいし、かこさんの絵(線)もいい。

  • 2010/12/1

  • とにかく絵が可愛いこちらの本。
    ロシア風の名前がたくさん出てきて、読み聞かせていても楽しくなれる本です。
    実際のマトリョーシカ人形を娘に見せてあげたいです。

  • 今から30年以上前、幼稚園の図書室でこの本を何度も何度も読んだのを覚えています。

    おもちゃが意志を持って動き出すお話が大好きになったのも、原点はこの作品かもしれません。
    「ドナーシャ」や「アンドリューシャ」といったロシア風の名前が楽しいし、お腹のなかからぽこぽこお友だち(?)が出て来るなんてワクワクします。

    本当に久しぶりに読んだのですが、マトリョーシカちゃんたちの可愛らしさは少しも色褪せていないどころか、ますます素敵に見えました。

    一家にひとつ、マトリョーシカ人形を置きたくなります。
    来年のミュンヘンクリスマス市で買おう(いつも迷ってやめちゃってたので)!

全44件中 1 - 10件を表示

加古里子の作品

ツイートする