ピーターラビットのたのしい料理

著者 :
制作 : フレデリックウォーン社 
  • 福音館書店
3.32
  • (2)
  • (3)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834012088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シンプルな内容。

  • ピーターラビットの登場動物にちなんだお料理レシピが21載っています。日本人にはなじみの薄いレシピもありますが、作ってみたい。と思えます。作るのは大人向き。

  • ピーターラビットに出てくる料理のレシピが載っている本。
    絵本のなかの料理ってなぜか美味しそうだよね。

  •  ピーターラビットに出てくる、たくさんの仲間たちにぴったりの料理本。
     「ピグウィグの会話をもりあげるペパーミント菓子」「人形のジェインの黄金色のゼリー」など、物語の世界に合った、パーティー向け、朝食、昼食・夕食などのカテゴリーに分けて紹介されています。

     オイラはマメに料理しないけれど、料理好きの方はどうぞ。イギリスの方はこんなものを作るんだ、という食文化も分かります。

  • ほんとにおいしいの???
    でもとってもかわいい絵本です。

    ピーターラビットの世界に出てくる料理、飲み物などのレシピが載っています。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

北野佐久子(きたの・さくこ)
東京都出身。立教大学英米文学科卒。
在学中から児童文学とハーブに関心を持ち、日本人初の英国ハーブソサエティーの会員となり、研究のため渡英。
結婚後は、4年間をウィンブルドンで過ごす。児童文学、ハーブ、お菓子などを中心にイギリス文化を紹介している。
英国ハーブソサエティー終身会員、ビアトリクス・ポター・ソサエティー会員。
主な著書に『イギリスのお菓子とごちそう アガサクリスティーの食卓』(二見書房)、『物語のティータイム お菓子と暮らしとイギリス児童文学』(岩波書店)、
『ビアトリクス・ポターを訪ねるイギリス湖水地方の旅』(大修館書店)、『ハーブ祝祭暦』(教文館)、『イギリスのお菓子 楽しいティータイムめぐり』
『美しいイギリスの田舎 を歩く!』(ともに集英社be文庫)、編書に『基本 ハーブの事典』(東京堂出版)など。

「2019年 『イギリスのお菓子と暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野佐久子の作品

ツイートする
×