まほうのえのぐ (こどものとも傑作集)

著者 :
  • 福音館書店
3.91
  • (103)
  • (71)
  • (119)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 787
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834012804

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いがいとまほうっぽかった(かたのは)

  • 林明子の子どもの顔は本当にかわいいなぁ。ストーリーも楽しい。

  • お絵かき楽しいよね。みんな好きなことがあると、1人でも楽しく過ごす事が出来るかもね。あのお姫様もあなたと同じ事が大好きみたいだよ。

  • 図書館で借りた


    中古購入

  • 自由に描けるって素晴らしい

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 幼稚園でもらったこどものとものうち、お気に入りでずっと持ってたうちのひとつで、息子用に買い直しました。
    林明子よい。動物かわいい。それぞれが描いてる絵とか個性があって楽しいんだよ。

  • 2017.1.9
    .
    #まほうのえのぐ
    #林明子
    #福音館書店
    .
    子どもは動物と一緒に過ごせるんだなと、自然に思わされる。
    動物たちの描いた絵がいいな。
    こんな風に自由に好きに描けばいいんだね。

    .
    #絵本 #日々絵本 #絵本の記録 #2冊目

  • ああー、林明子さん大好き……。
    どの作品でも、小さい子どもの何気ない仕草の描写に心を奪われっぱなしなのですが、本作は小動物たちがまた最高にかわいくて……。

    お兄ちゃんの絵の具セットがうらやましくてたまらない、妹のよしみ。
    何度もお願いして、ようやく借りることができました。
    ところがその大切な絵の具、どうやら森の動物たちも使ってみたかったようで――……。

    リスやウサギ、サル、クマ、キツネ、カラス、蟻、しゃくとり虫と、実に様々な種類の動物たちが登場するんですけど、彼らの絵の描き方や描くモチーフに、それぞれの個性が出ていておもしろい!
    例えばイタチは森の木々を、カラスは都会のビル群を描くんですよね。きっと、いつも見ている風景なんだろうなあ。スズメが描いたのはおばあさんの顔?毎日お米でももらっている人なのかな?なんて、想像するのがまた楽しい。小さなしゃくとり虫が空の虹を描くところにもグッときました。

    「絵を描くよろこび」が伝わって来る素敵な絵本でした。
    娘もお絵描き好きになってくれるといいなあ。

  • よしみのおにいちゃんは、えのぐばことスケッチブックをもっています。よしみは、おにいちゃんになんどもおねがいして、かしてもらうことができました。でも、たくさんのいろがまざりあって、きれいないろになりません。パレットとみずいれをあらいにいき、ベンチへもどってみると──。
    原画展観覧前に林明子さんの作品を追っかけようと思い読了。絵の具の色を目立たせるためか、背景は薄暗く地味な色を使っています。よしみが蛇に気づく前から動物たちが次々と絵の具と紙の切れ端を持って行くところかわいいです。雀の絵は大江健三郎さんかな?

全98件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林明子 1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。絵本に『こんとあき』『はじめてのおつかい』『おでかけのまえに』『でてこい でてこい』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき』『はっぱのおうち』『ぼくのぱん わたしのぱん』「くつくつあるけのほん」全4冊(以上、福音館書店)などがある。長野県在住。

「2017年 『ひよこさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林明子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
酒井 駒子
なかがわ りえこ
A.トルストイ
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

まほうのえのぐ (こどものとも傑作集)を本棚に登録しているひと

ツイートする