サンタさんのいちにち―クリスマス・イブのおはなし3

著者 :
  • 福音館書店
3.54
  • (8)
  • (13)
  • (22)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 250
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834013382

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長尾玲子さんのクリスマス刺繍絵本全部かわいいな。
    本書は人間のフォルムのトナカイさんがシュールで面白い。

  • サンタさんのお仕事の流れが、可愛くわかりやすく描かれてる。本も小さくて読みやすい。

  • クリスマス・イブのお話シリーズ。3つの物語がリンクしていておもしろいです。絵が刺繍ですてきです。

  • 刺繍のイラストがかわいらしかったです。
    冒頭の一年ぶりに目を覚ます設定にまず驚いてしまいました。(個人的にはサンタさんは普通に生活していて、クリスマスイブだけ大忙しのイメージでした。)
    しっかり者で人間っぽいスタイルのトナカイにもビックリ。

    私はサンタさんがプレゼントを入れてくれる大きなくつしたのページが好きです。

    子どもは、まだ起きている子はあとまわし!になることをよく理解していました。

    最近、この本どんな話だったっけ?と聞くと、絵本をパラパラめくって簡単に説明してくれます。

  • 2歳5ヶ月
    全く聞いてくれなかった

  • 娘が図書館でジャケ借りしてきた絵本。
    ストーリーは平坦だけど、絵が刺繍というところに惹かれる。

  • トナカイの美脚が気になって気になって。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • トナカイのおみあしがセクシー笑。
    忘れ物もっておっかける感じもウケる☆

    何より刺繍がすばらしい!

  • 刺しゅうで描かれたミニ絵本。
    「クリスマス・イブのおはなし」 3部作の3冊目。
    サンタさんとトナカイの一日。

    表紙の通り、トナカイが二足歩行。
    サンタさんと2人で電車ごっごの様にソリを引いてる姿がおかしい。なんか違う(笑)

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大学在学中より、ライター、編集者など。速記事務所を経て、2010年まで瀬戸内寂聴秘書。
2011年から2021年まで、公益社団法人日本文藝家協会・著作権管理部長。瀬戸内寂聴は母の従姉。

「2022年 『「出家」寂聴になった日』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長尾玲子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×