ふしぎなナイフ

  • 福音館書店
3.96
  • (134)
  • (110)
  • (117)
  • (7)
  • (6)
本棚登録 : 1635
感想 : 182
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834014075

作品紹介・あらすじ

読んであげるなら3才から。自分で読むなら小学校初級むき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個別支援級の先生から、学校図書館へのリクエスト絵本。
    読んだことがなかったので、借りてみた。
    余談だが、自治体の図書館が明日からひと月、全て閉館となってしまうので、ギリギリ借りられて本当に良かった。

    ふしぎなナイフが、ほどけたり、割れたり、膨らんだり…写実的な絵に魅せられる。
    きっと子どもの想像をかき立てられるのだろう。
    2020.4.10

    • nejidonさん
      ロニコさん、こんにちは(^^♪
      この本、お話会でいつでもどこでも大人気です。
      中には、全部覚えている子もいるのですよ。
      大人には考えつ...
      ロニコさん、こんにちは(^^♪
      この本、お話会でいつでもどこでも大人気です。
      中には、全部覚えている子もいるのですよ。
      大人には考えつかない、斬新な本ですよね。
      メインのお話のあとサブで読むのですが、まるでこちらがメインのような盛りあがりです・笑
      2020/04/10
    • ロニコさん
      nejidonさん

      こちらにもコメントをありがとうございます。
      「ふしぎなナイフ」やはりお子さんに人気なのですね!
      個別支援級の生徒さんの...
      nejidonさん

      こちらにもコメントをありがとうございます。
      「ふしぎなナイフ」やはりお子さんに人気なのですね!
      個別支援級の生徒さんの心もガッチリ掴むとのことで、是非購入したいのですが、版元にあることを願っております。
      2020/04/10
  • 季節・年齢を問わず、いつでも使える優秀なお助け本。
    メインの本の前の助走に、あるいはメインを読んだ後の残った時間の有効活用に。
    そりゃもう、こちらがメインかと思うほど子どもたちが喜んでくれる。約5分。

    写真と見まごうほどのリアルな表紙絵だが、登場するのはこのナイフだけ。
    そしてテキストは、どのページにも一行ずつ。
    まがる、ねじれる、おれる、われる、とける、きれる(ナイフそのものが切れてしまう・笑)ほどける、ちぎれる・・・
    様々な動詞とその描画が斬新で楽しく、目が離せない。
    「知ってる!」「読んだことある!」と言う子は、ぐんぐん身を乗り出して、次に登場する動詞を当てて面白がる。
    しかも、それぞれお気に入りの動詞があるらしく、「ほどける」で声をあげて笑ったり、「ちぎれる」では残念そうな声をあげたり。

    大人はとかくビジュアルの方に眼を奪われるけど、実は参加型の絵本なのかも。
    日ごろはあまり使用しない動詞が、綺麗な絵を通して学べる本でもある。
    こういった本を読むたびにいつも思うのは、大人の好みで選書してはいけないなということ。
    子どもというものをちゃんと知らないと、お話会もただの押しつけになってしまうものね。気をつけなくちゃ。
    最後の場面で、「これ、どんな音がしたんだろうね?」と言うと、ぴっきゃーん!!と言った子がいた。新しいわ。

  • 幼少時代に読み、何年経っても内容を忘れないでいた絵本です。
    再読した結果、記憶と完全に一致しました。
    ナイフがまさかそんな…という内容ですが、とても楽しい。
    この豊かな想像力、柔軟な発想力は宝ですね。

    • goya626さん
      ああ、懐かしいです。この本というか、月刊のこどものともですね、今も家にあります。私の4人の子どもたちに読み聞かせしました。
      ああ、懐かしいです。この本というか、月刊のこどものともですね、今も家にあります。私の4人の子どもたちに読み聞かせしました。
      2020/02/29
  • ブクログ通信【アートな絵本5選】を拝見したら、本書は「あら、これ私持ってるわ」だった。
    いつ何故買ったのかも内容も全く覚えていない中、今本棚から出して見てみた。

    なんで買ったのかなぁ〜?

  • ナイフってこわそうだけど、
    この本は、子どもたちがよく手にとります!

    小さい子にも、
    小学生にも、
    絵や言葉をたしかめながら読みすすめられて
    とてもいい本です(o^^o)

  • 3歳9ヶ月。文はとてもシンプルで、ほぼ動詞です。ナイフがありえない動きをするので空想力を養ったり、「ナイフどうなってる?」と話しながら読むと動詞の勉強にもなりそう。

  • 題名に惹かれて手に取りました。
    質感や触感を ページをめくるたびにイメージして楽しむ絵本です。

    本来固くて冷たいナイフが、あんなことやこんなことに…!

    これを絵本でやってのける、その斬新なアイディアがすばらしいな。

    イメージすればするほど 固定観念を揺るがし、
    脳が混乱していく感覚がなんとも言えず 不思議。

    「ナイフは固くて冷たい」という事実が脳に定着しているからこそ、非現実の世界は 未知で、刺激的で、おもしろいのですね。


    というわけで

    頭が固いお方にこそ、眺めて欲しい作品。

  • シンプルなナイフが色々な形に変わる。
    何度読み聞かせをしても喜んでいた。(4歳)

  • ふしぎなナイフ、のびて、ちぢんで、ふくらんで・・・最後はなんていう?

  • ふしぎなナイフが…
    まがる、ねじれる、おれる、われる、とける、きれる、ほどける、ちぎれる、ちらばる
    そして…

    〇当たり前かひっくり返される!
     鉄板絵本

全182件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村牧江 中村牧江1947年東京生まれ。コピーライターとして日経広告賞最高賞など数々の賞を受賞。林健造1943年愛媛県生まれ。グラフィックデザイナー。セントラル美術館版画大賞などを受賞。福田隆義1943年京都府生まれ。毎日広告賞特選一席。

「1997年 『ふしぎなナイフ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村牧江の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×