サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)

  • 福音館書店
3.76
  • (29)
  • (30)
  • (44)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 482
感想 : 31
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834014624

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やさしいやさしい色鉛筆の絵
    お茶目な作者の遊び心もそこかしこに
    じっと見ていると ほら って
    小さなお子さんと楽しみたい絵本です

    「やなぎむらシリーズ」第1作目
    虫たちの個性豊かな活躍に心なごみます

    小さい頃から虫と絵が大好きだったニューヨーク在住の日本人女性の絵本です

    ≪ 春の野に 虫の命も かがやいて ≫ 

  • 虫たちの表情が豊かでおもしろかったです。
    地図が出てくると俄然わくわくしちゃいます!

    みんなでモナックさんのパーティーに行って帰るのですが、最後までみんなで協力していくところがほほえましくてよいですね。

    みんなでかくれんぼするシーンは遊び心があって、子どもは楽しいだろうなぁ。
    絵がとっても丁寧で緑も多いからか、目に優しかったです。
    こでまりの花のトンネルのシーンがとてもきれいです。

    タンポポのケーキ、はなのみつのジュース、絵本の世界の食べ物ってかわいくて本当においしそうですよね!

  • 3y11m
    こちらも懐かしい絵本。モナックさんがチョウになる話。絵も可愛らしく大好きな絵本。

  • 「やなぎむらのおはなし」シリーズ。
    やなぎむらに新しい住人(いもむしのモナックさん)が引っ越してきます。
    モナックさんのお店のサラダはとてもおいしくて大繁盛。
    しかしお店が突然何日かお休みになり、みんなは心配して様子を見に行きます。
    実はモナックさんは、さなぎになってもうすぐ蝶になるところだったのでした。
    蝶になったモナックさんは、遠くのたちあおいむらに引っ越してしまいます。
    ある日、結婚式のパーティに招待されたみんなは、出かけることにしますが・・・
    パステル調で淡い色鉛筆で描かれたようなやさしい絵です。
    ありのセッセ家族、ばったのトビハネさん、かたつむりのキララさん、くものセカセカさんなど
    昆虫達の名前もユニークでかわいい♪

  • モナックさん楽しい奴で笑った

  • かわいいあおむしの、モナックさんのものがたりです。モナックさんのひょうじょうや、やなぎむらのなかまたちのえ、ぶんも、かわいいことばかりかかれていたとおもいます。わたしは、こういうかわいいどうぶつや、むしのかわいいすがたと、レストランのえほんがだいすきなんですので、こういうレストランのおはなしがとてもだいすきになって、こういうのは、なんかいも、なんかいもくりかえし、よむことができます。わたしのように、かわいい、レストランのおはなしがすきなひとは、ぜひせひ、みてみてねー。

  • こじんまりと、丁寧にかわいらしい絵が書いてあった
    タイトルみたときどんな話だろうと思ったら
    冒険の話でした。
    問題が起きるたびにそわそわドキドキしながら読んでいたけど
    みんなで助け合いながら乗り越えることができて安心でした。
    さなぎから蝶になるのは確かに魔法みたい。

  • やなぎむらには、ばったのトビハネさんと、かたつむりのキララさんと、くものセカセカさんと、ありのパパ、ママ、ぼうやのセッセかぞくがすんでいました。
    あるひ、このやなぎむらにいもむしのモナックさんがひっこしてきて、『サラダとまほうのおみせ』をひらきました。

    モナックさんとやなぎむらのみんなの素敵な交流のおはなし。

    絵本だけど、読み応えのあるお話です。
    登場人物はみんな虫だけれど、絵柄もかわいくきれいです。

  • 岐阜聖徳学園大学図書館OPACへ→
    http://carin.shotoku.ac.jp/scripts/mgwms32.dll?MGWLPN=CARIN&wlapp=CARIN&WEBOPAC=LINK&ID=BB00089741

    大きなヤナギの木の下にある“やなぎむら”には、バッタとカタツムリとクモ、それにアリの家族が住んでいました。ある日この村にイモムシのモナックさんが引っ越してきて、サラダのお店を開きました。おいしくて、村のみんなに大評判です。ところがある朝からそのお店は「お休み」になってしまいました……。虫たちの世界を色鉛筆で精緻に描いた「やなぎむらのおはなし」シリーズ第1作です。(出版社HPより)

  • 「おおきなおおきなやなぎのきのしたに、ちいさなちいさなむらがありました。、、、」で始まる、やさしい世界。虫さんがみんな素敵な名前を持っている。あと全員「さん」付けなのもいいです。

全31件中 1 - 10件を表示

カズコ・G.ストーンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×