むかでのいしゃむかえ (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.91
  • (10)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834015546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 庄屋かまきりべえ、バッタとくさん、ムカデたへえさん

  • えぇー!と驚くところが大好き。
    絵が独特で不思議な世界。

  • 飯野和好さんの絵の力がすごいです。

    涙ながらに腹痛を訴えるバッタのとくさん。
    足が速いだろうと医者むかえを任され、まんざらでもないむかでのたへいさん。
    心配顔の虫たち・・・

    そのほかの場面でもとにかく虫たちが役者だわ~
    はじめて読んだ時も最後に笑えるのですが、
    回数を重ねても、お話の最後を知っている分、
    この虫たちの表情に私の頬はゆるみっぱなし。

    表紙をめくると。扉の部分には・・・わらじの山!
    この絵もしっかりと聞き手に見せたい部分。
    お話の伏線がはられている。

  • なんとも力の抜ける結末に笑えます。

  • 図書館のお話会でストーリーテリング。

    おなかが痛くなってしまった虫。
    医者を呼びにいくのは誰がいいか。
    そこで足が多くて医者をはやく呼んでこれそうなむかでが選ばれた。
    ところが・・・・

  • バッタが腹痛を起こしたので、医者を呼びに行くことになりました。
    「足がたくさんあるから、さぞ速いだろう」とムカデが医者を呼びに行くことになったのですが…。
    足がたくさんあったため、わらじを履くのに時間がかかり、帰ってきたのかと思ったら、まだ、これから行くところでした。

  • 幼児向け。

  • よみきかせ 3分
    初級のお話会のおまけに。

  • もう最高!

    登場人物は全部虫

    腹痛で倒れたバッタの為に
    ムカデが医者を呼びに行くことになったんですが・・・

    子供よりも大人が笑える絵本です
    オチに大爆笑します

    短い話しなので、読み聞かせなどで時間が余った時などに使えます

  • 読み聞かせに使用(小1)2009.2.17
    腹痛を起こしたバッタのトクさんのためにお医者を呼びに行く大役を皆に頼まれた、むかでのたへいさん。
    脚がたくさんあるから速いだろうと思ったら、全部の足にわらじを履かねばならず…(笑)。
    玄関で汗だくのたへいさんに、呼びに行って帰ってきたところだと思って声をかけたら、
    「ようやく今わらじを半分履いたところです」と返された仲間の
    「えぇ〜っ」の声。情けない大声で読むと子ども達大喜び。
    最初のページにあったわらじの山の絵が伏線。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年埼玉県秩父生まれ。絵本に「ねぎぼうずのあさたろう」シリーズ(福音館書店、「その1」で第49回小学館児童出版文化賞受賞)、「くろずみ小太郎旅日記」シリーズ(クレヨンハウス)、『おせんとおこま』(ブロンズ新社)、『みずくみに』(小峰書店/第20回日本絵本賞受賞)、『ふようどのふよこちゃん』(理論社)『ながぐつをはいたねこ』(文・末吉暁子 講談社)など、挿絵に「小さなスズナ姫」シリーズ(作・富安陽子 偕成社/第11回赤い鳥さし絵賞受賞)などがある。絵本の読み語り講演で、股旅姿で全国を渡り歩いている。

「2019年 『講談えほん 宮本武蔵 山田真龍軒』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野和好の作品

ツイートする