やさいぎらいのガジガジくん (福音館のかがくのほん)

著者 :
制作 : 石倉 ヒロユキ 
  • 福音館書店
3.29
  • (1)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834015669

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ポットくん、
    青虫、ガジガジくん
    アゲハ蝶に

  • ガジカジくんとのやりとりがかわいらしいです。

  • ある日、セロリの種をまいたポットくんの上に
    ガジガジくんが降ってきた。

    何を食べさせても、満足しないガジガジくん。
    いったいどうすればいいんだろう・・・?
    だんごむしとありにみみず、
    みんなで一緒に考えるけれど、
    ガジガジくんが本当に探していたのは??

  • 庭のレモンの葉を食べつくしてポットくんの頭上に落ちてきたあおむしのガジガジくん。おなかがすいていると、かんちがいした庭のなかまたちは、つぎつぎと食べものをはこんできますが、ガジガジくんはしらんぷり…。

  • ポットくんのシリーズです。
    あるひ、ポットくんのあたまにガジガジくんが落っこちてきました。
    ガジガジくんはお腹がすいているようで、
    だんごむしさんやミミズさん、ありんこさんたちに色々と
    食べ物をすすめられるのですが、どれもこれもいや。
    そうこうしているうちに、ガジガジくんはポットくんにしがみつき
    さなぎになります。そして最後には…。

    相変わらず微笑ましいお話で、
    虫嫌いな子でも好きになってしまいそうなくらいです。
    シリーズで読むのをお勧めします。

  • チビ2号、幼稚園にて。
    ガジガジくんが最後はきれいなアゲハチョウになったところが嬉しかったようです。

  • *5歳*
    昆虫達がガジガジくんの為に、いろいろな野菜を用意してくれます。それを食べなかった訳は・・
    ひらがなカタカナが読めるようになってので一所懸命読むようになってきました。

  • 娘が幼稚園で借りてきた絵本

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。幼い頃から植物や動物好きで、現在は草花・野菜を育てながら、犬・息子・夫・ペットのミミズたちの世話を焼いている。
絵本の作品に「ポットくん」シリーズ(福音館書店)、「ママと赤ちゃんのたべもの絵本」シリーズ(岩崎書店)、『おべんとどうぞ』『ゆかいなクレヨンぐみ』(ひさかたチャイルド)等、訳書に『エディのやさいばたけ』(福音館書店)、『おばけなんていないよ!』(偕成社)等がある。


「2017年 『トコトコとこちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真木文絵の作品

ツイートする