ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)

  • 福音館書店
3.59
  • (9)
  • (20)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 331
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017106

作品紹介・あらすじ

あきももうおわりだねえ。ばばばあちゃんのこの一言から、ものがたりは始まります。4才〜小学校初級むき。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • **********
    「いもほり」に。

  • 2017.12.1
    焚き火でやきいもしたくなる。匂いがしてきそう。いろいろ焼くの楽しいよね。最後のクリスマスツリーもいい。おなかが空く絵本。

  • やきいもがおいしい季節になってきました。
    街中ではたき火ができなくて残念。

  • ばばばあちゃんのこのシリーズはいろいろと勉強にもなるのでいいですね。

  • ばばばーちゃんをこよなく愛する、4大の先生がいた。

  • かわええ

  • 図書館で借りて読み。
    プレーパークで焼きいもをすることが多いので。
    6歳児も熱心に聞いていたように思う。
    次回のプレーパークでは焼き芋と焼きりんごをするのだ。

  • 配置場所:2F絵本架
    請求記号:E||59||Sa
    資料ID:W0142533

  • みかんは焼いても美味いよ!
    バナナは焼いたことない。やってみたいな。
    でもやっぱりさつまいもが一番おいしそう、食べたい。

  • [墨田区図書館]

    有名だけどあまり読んだことがなかったばばばあちゃんシリーズ。おいしそうだったね。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

さとうわきこ 東京に生まれる。児童出版美術家連盟所属。絵本『とりかえっこ』(ポプラ社)で第1回絵本にっぽん賞受賞。現在は長野県の岡谷市と八ヶ岳で「小さな絵本美術館」を主宰しながら、絵本の創作に従事している。「ばばばあちゃんの絵本」シリーズ以外の主な絵本には、『ちいさいねずみ』(借成社)、『おつかい』『るすばん』『せんたくかあちゃん』『くもりのちはれせんたくかあちゃん』(以上福音館香店)、『わっこおばちゃんのしりとりあそび』(童心社)などがある。長野県在住。

「2019年 『ばばばあちゃんのおはなしセット(10冊)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうわきこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
A.トルストイ
モーリス・センダ...
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印

ばばばあちゃんの やきいもたいかい (ばばばあちゃんの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×