チムとゆうかんなせんちょうさん (世界傑作絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.77
  • (37)
  • (51)
  • (53)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 737
感想 : 62
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017113

作品紹介・あらすじ

「やあ、ぼうず、こっちへこい。なくんじゃない。いさましくしろよ。わしたちは、うみのもくずときえるんじゃ。なみだなんかはやくにたたんぞ」世代をこえて子ども達を魅了してきた、幼年海洋文学の古典。巨匠アーディゾーニ生誕100年を記念し、本国イギリスで新版にて刊行されたシリーズの第1巻。読んであげるなら5才から。自分で読むなら小学校初級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「いさましいがイッパイ出て来たね。チムすげえ。」(S9)
    「ぼくも船に乗ってみたい、けど、酔っちゃうかな。」

    海辺に住むチムはふなのりに憧れている。
    昔ふなのりだったボートのおじさんや、なかよしのマクフィー船長と話をするのが大好き。
    ある日、ボートのおじさんが沖の汽船に友人の船長を訪ねるのにチムを誘ってくれる。

    船内のチムの様子に一緒にワクワク。
    好きなことって苦にならないんだな。
    ところどころジブリアニメを思わせるんだけど。
    このお話がチムの最初の冒険で、この後続きがあるそう。楽しみ。

  • チムシリーズの1冊目。どうしても船に乗りたかったチムがこっそり乗り込み、「ただ乗り」なので、働くことに。けれどもチムの船に乗りたいという決心は本物だったと見えて、実に懸命に働くので、船員達が認めていきます。ところが、嵐にあってしまうのです。次々と起こる困難に立ち向かうチムの頼もしいこと!小さな男の子の成長に、子ども達もチムと一緒に冒険を同化して、いい気分になって終わるようです。2年生に読み聞かせ、他のシリーズも紹介しましたが、チムのとりこになった子が大勢いたようで、沢山借りていきました。読むのは大変ですが、手応えのある一冊。(14分)2011年に原本復刻版がこぐま社から出たせいですか?アマゾンでも正価より値段が上がっていました(2012年1月現在)

  • 子どもがのたくましい成長が描かれていて、無駄がなく、読後感よしです。

  • チムシリーズ第一弾。
    眠る前の15分程の読み聞かせにピッタリ。11巻ものシリーズで、続く楽しさがとてもいい。
    小4の息子のこのごろのおやすみの挨拶は「今日のチムはなに?」

  • どうしてもふなのりになりたいチムは、あるひこっそり船にしのびこみますが…
    チムのいきいきしたこどもらしさと、おとなたちのおおらかさが描かれています。
    クラシカルな絵も心にひびきます。

  • 2008/10/20

  • ちいさなモーターボートでの船出、リアルな戦場生活、難破で迫る命の危険と、どれもアーティゾーニの画家としてのスキルが光る。
    チムシリーズ一作目。自助努力への称賛と、難破しまくる船は最初から健在。

  • ■伊藤忠034
    #チムとゆうかんなせんちょうさん
    #2階本棚・上段

    #読んであげるなら5・6才から
    #自分で読むなら小学低学年から

    ■出版社からの内容紹介
    「チム少年の大海原への冒険」
    船乗りになりたくてたまらないチムは、お父さんやお母さんに内緒で大きな汽船に乗り込みます。チムを見つけた船長さんは、チムを叱りつけ、ただで船に乗るなら、しっかりと働くようにと甲板そうじを命じます。チムは一生懸命働き、船乗りたちや船長さんにも少しずつ認められる存在となります。そんなある夜、船が岩にぶつかり座礁してしまいます。船に取り残されたチムと船長さん。ふたりが絶対絶命を覚悟したそのとき……。

    #48ページ
    #27×20cm
    #伊藤忠寄贈図書

  • 11分

  • ※図書館で借りた本

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エドワード・アーディゾーニ(1900~1979)1900年ハイフォン(現在のベトナム)生まれ。5歳の時イギリスに渡り、14歳まで東海岸のイプスウィッチで暮らす。高等学校卒業後、勤めのかたわら、ウェストミンスター美術学校の夜学で学ぶ。第二次世界大戦中、従軍画家として活躍。自分の子どもに絵本を書いてあげたことがきっかけで、絵本と児童書の挿絵の仕事に専念するようになる。主な絵本にケート・グリーナウェイ賞受賞の『チムひとりぼっち』(偕成社)、挿絵にエリナー・ファージョン短編集『ムギと王さま』(岩波書店)など多数ある。

「2021年 『詩集 孔雀のパイ 改訂版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エドワード・アーディゾーニの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×