続 子どもへのまなざし (福音館の単行本)

著者 :
  • 福音館書店
4.17
  • (67)
  • (37)
  • (38)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 661
感想 : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017328

作品紹介・あらすじ

「子どもへのまなざし」の読者の方々からいただいた質問に対して、児童精神科の著者が臨床経験をふまえて答えていきます。乳幼児期の育児について、母性と父性について、障害を持つ子をどう育てたらいいのか、あるいは、最近、幼稚園、保育園で目立ってきました注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもたちを、どう理解したらいいのか、さらに、少年事件の背景にあるものを、どう考えたらいいのかなどをわかりやすく答えています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 育児がうまくいかない。
    すぐイライラして怒鳴り散らしてしまう。
    怒りで身体中の血が煮え立ち、そのたぎったものをどこにぶつけたらいいかわからない。
    ストレスに次ぐストレス。

    半年以上トイレトレーニングをしても未だにウンチはうまくいかないし、人が嫌がることをわざとやるし、減らず口を叩くくせに気持ちをうまく言えなくて大泣きする。
    こんな子、いらない。
    でも......。私が悪いのかもしれない、どこかに障害があるのかもしれない。
    わからないよ、助けてほしい。
    そこで目に留まったのが、「第四章 障害を持つ子ども」。
    もしかして、を考えて読んだ。
    すると、こう言われたのだ。
    「一番大切なことは、この子達に深い理解を示してあげるということだ」(362頁)

    私はちゃんとできているだろうか。
    悪い親だから、この子の未来を潰してしまっているんじゃないだろうか。
    「欠点や短所ばかりを注意され続けることによって、子どもは自分自身を信じられなくなってしまいます。」
    「子どもというのは、私のこと、僕のことを大好きだと言ってくれる人に、どれだけめぐまれるかということが、その子がどれくらい自信と誇りを持って、生きていくことができるかを決めることになるんだと思います」(134頁)
    「「あなたには、こういうすてきなところがある」と本人に伝えてあげること」
    「こういうことを十分しないうちは、子供の欠点や弱点を指摘しても通じない」(182頁)

    もっと甘えさせてあげよう。
    もうおしまい、と勝手に切り上げないで。
    すると、本当に、子供は「もうおんぶ降りる」と言ってくるではないか。
    それでもやはり毎朝、毎晩、抱っこ抱っこと大騒ぎしているけれど、やってあげるとそれはそれは満足そうにしているのだ。

    本書に書かれた内容に、一から十まで全てが正しいとは思えない(一箇所同意しかねる部分があった)。
    でも、通して子どもへの愛と、親、とりわけ母親に対する愛情が深く感じられた。
    今日よりも明日、それが希望になるし、子供は望んだことを満たしてあげればちゃんと自立できる。
    この二つの言葉が本当に助けになった。

    下手な育児をしているのはわかっているし、点をつけるなら35/100点くらいの母親だ。
    だから子どもに話した。

    ママも、〇〇ちゃんも頑張らなくちゃいけないところがいっぱいある。
    でも、二人で一緒に頑張っていこう。大好きだよ。

    小さな指が私の指を掴んだ。
    指切りね、この約束を守っていきたい。

  • 佐々木先生の本を3冊読んできて、少し育児に対する心構えみたいなものが芽生えてきたかな、と思う。親にとって、子育ては戸惑うことばかりだと思うけど、ちょっと心構えしておくことで余裕が生まれたらいいな。自分のこどもが障害を持って産まれてきたときのことも含めて。こどもを幸せにしてやることが自分の幸せ。いつもそのことを頭の隅に置いておきたい。孤独がいちばんいけない、色々な人との関わりの中で過ごすことが生きることなのだという指摘は本当にその通りで、これも忘れたくないこと。本当はみんな身体でわかってるんだと思います。

  • 第二巻は読者の質問に答える形式なので、自分の悩みについての箇所を読むのもよさそう。

    実践したいこと
    •モノではないコトの欲求に応えてあげる
    •たまに一人っ子のように、兄弟の見えないところでえこひいきする。
    •長所やいいところに注目する
    •短い時間でも、子どもの話をちゃんと聞く

    子どもを育てることを真剣に考えることは、次の世代を思いながら仕事することだと思う。

    第一巻で、まず自分が幸せであることとあったけれど、
    自分のことしか大切にしなくなった、誰かを大切にして生きなかったから、結果として自分も大切にできていないということ。

    ADHD、LDの話、悲しみから立ち直るまでの11の心理過程も勉強になった。

  • 前作と重なる内容が多かったが、新しい話でいうと、母性と父性の話は非常に納得度が高かった。夫とどう協力して良い家庭にすれば良いかの大きなヒントになった。

    また、個人的に響いた内容では、鳥飼玖美子さんの、妊娠前に仕事が制限されることを恐れていたが、生まれたらただこの子のそばにいたいと思った、という言葉。自分自身もまさにその通りの感覚だった。

    さらに、佐々木先生は、母親がおなかで40週も育てたのに、父親と同じぐらいの愛情しかもてないのは不思議ではないかと書いていて、母親としてのプライドをなくしてはいけないと書いておられる。私自身、産前は夫をたてることに何の抵抗もなかったのに、子育てだけはプライドが出てしまうことに罪悪感があったが、この言葉に救われました。

    以下、まとめ。


    子どもはものでは満たせない。もの以外で要求を満たしてあげると、ものを要求しなくなる。たとえば好きな献立を作る、休日にトランプやキャッチボールをするなど。

    うそをつくことはよくないということは教えるべきだが、ある程度は認めてあげる。うそをつかなくていい雰囲気で育てるのが最も良い。

    兄弟げんかはたくさんするほうが、友だちとは喧嘩せず仲良く遊べる。攻撃性や征服欲を自然な方法で向上心に変えていくのに格好のトレーニング。上をつい叱ってしまうのは、あまり心配いらない。強い者が我慢するのが世の中の道理。

    うまい保育というのは、全員が一斉に同じことをするのではない。子どもたちがお互いに気の合った仲間を見つけて、いくつかのかたまりになっている状態が、育ち合うということ。そして入れない子を上手に入れてあげるのが上手な保育。

    子どもに色々なものを与えるだけの早期教育は良いが、成果を期待するのはよくない。

    親に気を許していない他人行儀のいい子より、いつも欠点を出している子どもの方が安心。

    人の嫌がることをする子どもは、めぐまれた環境でやさしく育てられた経験が不足している。あるいは、望んだことを満たされながら育ってこなかった。人間は欲求不満になると攻撃的になる。

    鳥飼玖美子さん「妊娠中は仕事がうんと制限されるのがつらいと思っていたが、生まれてみたらもうそんな考えがすっかりとんでしまって、もうこの子のそばにだけいたいという気持ちになった。こういう気持ちこそが母性なんだろうか」

    子どもに対して、それでいいんだよといってあげ、くつろぎややすらぎや安心感を与える機能は母性的、このように生きなければと指摘し伝えるのは父性的なもの。 

    しつけは長所を見つけて伸ばす姿勢が大事。

    育児の主役が親であれば、祖父母が孫を甘やかしても大丈夫。

    母性が先にきて、父性は後にくる。複数のこどもがいても、ひとりひとりをえこひいきすることが大事。

    不健康な家族に共通していることは、お父さんとお母さんの役割がはっきり分かれていないこと。健康な家族では誰がイニシアチブをとるのかはっきりしている。不健康な家族の場合は家族全体が平等。また、片親が子どもたちと連合して、もう片方の親との間に境界線をつくってイニシアチブを大きくしようとすると、子どもはうまく育たない。なかでも母親が男の子を取り込んで夫に対応しようとする場合は最悪。それらの家庭の66%に、重症な神経症患者がいた。

    家族の役割は二つあり、一つはありのままの自分を、安心してさらけだせる場であること。もう一つは、人は何のために生きるのか、どういう価値観を持って生きるのか、どういう理想を持つべきかなどを考えていくこと。

    信頼関係の豊かな子どもたちは、いじめともいじめられとも無関係な位置にいる。人を信じられる子どもは、いろいろな子どもと友達になれるから、いじめる子どもと友達にならなくてもいい。

    小さい時から親が話を聞いてあげることが大切。親に話を聞いてもらって解決してもらった経験がなければ、子どもは親に話しても仕方ないと思うようになる。

    母親が40週も自分のおなかのなかにおいて、大切に育ててきた子どもをいとおしまないで、父親と同じような愛情しか持てないというのは、不思議なことではないでしょうか。自分と同じような質でもって、父親がこの子をかわいがれるはずはないと思って、育児は自分でやりたいとどうして思わないのか。母親に母親としてのプライドがなくなってしまったは、子どもは安心して育っていくことはできなくなるのではないか。

    ダウン症は不適応行動や異常行動が極端に少ない。極端に多いのは自閉症。ダウン症の子は人なつこく、他の子と一緒に何かやるのが大好き。自閉症はその逆。ダウン症は知能の発達だけが遅れているごくふつうの子ども。ADDやADHDはその間。特徴はシングルフォーカス。こういう子たちには、大人が我慢して叱らないでいてあげるしかない。

    自閉症だと、想像力を働かせるということができない。同時にいくつものこともできない。イメージの世界がもてないので、鬼ごっこなどもできない。空間の世界に生きていて、時間の世界には生きられない。話してもわからないが、文字になればわかる。

  • 本作は、前作の『子どもへのまなざし』に関して読者から寄せられた質問や意見に対して深掘りして回答していく形式をとっております。

    著者の深い経験と知識をもとにした解説があるので、読み物として面白いです。

    最後の方のパートでは、障害がある子どもについての向き合い方が書かれており、個人的にはかなり興味深かったです。

  • きっとまた、折に触れて読み返すだろう。

  • 子どもへのまなざしを読み勉強になり、こちらも読んでみた。この本もノウハウではなく、子供との接し方、考え方が書かれており勉強になりました。
    以下、個人的に気になった点を記載。


    ・けんかの中で、攻撃性や征服欲が解放されるので、兄弟げんかなどは必要だと思ってもよい。けんかの回数を気にするより、けんかの後の2人の気持ちを大切にする。雰囲気作りをする。

    ・親の目を気にして、家でいい子にしている子は、幼稚園や小学校で問題を起こすことが多い。家で欠点や弱点をだせる環境を作ってあげることが大事。

    ・しつけで大事なのは、いい面に気付かせてあげること。短所は先送りでいい。

  • この本を読むと、やさしい気持ちで育児が出来る。先生の語り口が優しくて、癒される。

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

 1935年、群馬県前橋市生まれ。新潟大学医学部を卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学留学。小児療育相談センターなどをへて、川崎医療福祉大学特任教授、ノースカロライナ大学医学部精神科非常勤教授を務めた。専門は児童青年精神医学。著書に『子どもへのまなざし(正・続)』『自閉症児のためのTEACCHハンドブック』『0歳からはじまる子育てノート』他多数。2017年逝去

「2021年 『子どもの心が見えてくる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木正美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×