続 子どもへのまなざし (福音館の単行本)

著者 :
  • 福音館書店
4.15
  • (61)
  • (31)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 462
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 佐々木先生の本を3冊読んできて、少し育児に対する心構えみたいなものが芽生えてきたかな、と思う。親にとって、子育ては戸惑うことばかりだと思うけど、ちょっと心構えしておくことで余裕が生まれたらいいな。自分のこどもが障害を持って産まれてきたときのことも含めて。こどもを幸せにしてやることが自分の幸せ。いつもそのことを頭の隅に置いておきたい。孤独がいちばんいけない、色々な人との関わりの中で過ごすことが生きることなのだという指摘は本当にその通りで、これも忘れたくないこと。本当はみんな身体でわかってるんだと思います。

  • 育児がうまくいかない。
    すぐイライラして怒鳴り散らしてしまう。
    怒りで身体中の血が煮え立ち、そのたぎったものをどこにぶつけたらいいかわからない。
    ストレスに次ぐストレス。

    半年以上トイレトレーニングをしても未だにウンチはうまくいかないし、人が嫌がることをわざとやるし、減らず口を叩くくせに気持ちをうまく言えなくて大泣きする。
    こんな子、いらない。
    でも......。私が悪いのかもしれない、どこかに障害があるのかもしれない。
    わからないよ、助けてほしい。
    そこで目に留まったのが、「第四章 障害を持つ子ども」。
    もしかして、を考えて読んだ。
    すると、こう言われたのだ。
    「一番大切なことは、この子達に深い理解を示してあげるということだ」(362頁)

    私はちゃんとできているだろうか。
    悪い親だから、この子の未来を潰してしまっているんじゃないだろうか。
    「欠点や短所ばかりを注意され続けることによって、子どもは自分自身を信じられなくなってしまいます。」
    「子どもというのは、私のこと、僕のことを大好きだと言ってくれる人に、どれだけめぐまれるかということが、その子がどれくらい自信と誇りを持って、生きていくことができるかを決めることになるんだと思います」(134頁)
    「「あなたには、こういうすてきなところがある」と本人に伝えてあげること」
    「こういうことを十分しないうちは、子供の欠点や弱点を指摘しても通じない」(182頁)

    もっと甘えさせてあげよう。
    もうおしまい、と勝手に切り上げないで。
    すると、本当に、子供は「もうおんぶ降りる」と言ってくるではないか。
    それでもやはり毎朝、毎晩、抱っこ抱っこと大騒ぎしているけれど、やってあげるとそれはそれは満足そうにしているのだ。

    本書に書かれた内容に、一から十まで全てが正しいとは思えない(一箇所同意しかねる部分があった)。
    でも、通して子どもへの愛と、親、とりわけ母親に対する愛情が深く感じられた。
    今日よりも明日、それが希望になるし、子供は望んだことを満たしてあげればちゃんと自立できる。
    この二つの言葉が本当に助けになった。

    下手な育児をしているのはわかっているし、点をつけるなら35/100点くらいの母親だ。
    だから子どもに話した。

    ママも、〇〇ちゃんも頑張らなくちゃいけないところがいっぱいある。
    でも、二人で一緒に頑張っていこう。大好きだよ。

    小さな指が私の指を掴んだ。
    指切りね、この約束を守っていきたい。

  • 子どもへのまなざしを読み勉強になり、こちらも読んでみた。この本もノウハウではなく、子供との接し方、考え方が書かれており勉強になりました。
    以下、個人的に気になった点を記載。


    ・けんかの中で、攻撃性や征服欲が解放されるので、兄弟げんかなどは必要だと思ってもよい。けんかの回数を気にするより、けんかの後の2人の気持ちを大切にする。雰囲気作りをする。

    ・親の目を気にして、家でいい子にしている子は、幼稚園や小学校で問題を起こすことが多い。家で欠点や弱点をだせる環境を作ってあげることが大事。

    ・しつけで大事なのは、いい面に気付かせてあげること。短所は先送りでいい。

  • この本を読むと、やさしい気持ちで育児が出来る。先生の語り口が優しくて、癒される。

  • この本から学んだこと。
    たくさんありましたけど、自分にグッときたのは、子供の喧嘩の話。

    兄弟喧嘩にイライラしていた日々だったからなのか。

    喧嘩する相手がいるだけありがたい。人間対人間。学べる場なのだ。

  • *子どものいい点をたくさん見つけてあげること。子どもは、自分のことを大好きだといってくれる人に、どれだけ恵まれるかということが、その子が自信と誇りを持って生きていけるかを決める。

    *家にいるお母さんであろうと、外で仕事をしているお母さんであろうと、子どもを育てることに打ち込めれば、本当に人生を楽しめる。育児に打ち込める人が、本当に人生を楽しんでいる人であり、育児に打ち込める人が、ほかの仕事にも打ち込める人だと思う。

    *両親が日々の生活の中で、子どものことを心から、条件なしに好きになってあげること。子どもは、親がそう思ってくれたというだけで、安心でき、自信をもてる。
    家庭をありのままでくつろげる場所にしてあげること。

  • 佐々木正美さんの言葉はすべてを包み込みそのままで良しとするあたたかさに溢れている。どの著書を読んでみてもだ。中でもこの子どもへのまなざしは折に触れて読みたい1冊。何度も読んでエッセンスを取り入れたい。

  • 購入して読み。


    ・子どもが納得してできるようになるまで、待っていてあげるのがいいしつけで、そのことが本当に教えたことになるんですね。(p40)
     →できてないなー、と思う。いつか子どもから反撃にあっても仕方ない、と思う。やり直しできるのかな、今からでも、とか思う。


    ・人の嫌がることをする子には、人の嫌がることをするのはよくないということをそっと伝えればよい。伝える必要のないくらい、子ども自身も知っているだから(p98)

    ・欠点や短所ばかりを注意され続けることによって、子どもは自分自身を信じられなくなってしまう(p134)
    ・子どもと言うのは、私のこと、ぼくのことを大好きだと言ってくれる人に、どれだけめぐまれるかということが、その子がどれぐらい自信と誇りを持って、生きていくことができるかを決めることになるんだと思います。たった一人でもいい場合もありえるだろうと、私は思います。(p134)
     →私は子どもにとってそういう存在になりたい。いつも大好きだよ、安心していいよ、っていうメッセージを伝えられるようになりたい。

  • 『子どもへのまなざし』の続編。読者からの質問等にていねいに答え、親、保母の役割、障害を持つ子どもたちの育て方、愛し方を優しく導く良書。ここで筆者から鋭く指定される現代社会の課題は、初版から15年以上経った今さらに悪化しているように思う。人がお互いを支え合う地域社会・コミュニティの復興、あるいはそれに代わる何かを作り上げるにはどうすれば良いのか、現代に生きる一人一人が真剣に考えるべき課題だ。

  • 前作と重なる感じもしたのでかなりの流し読みでしたが、なんとなく読了。とはいえ障害のある子どものお話など、新要素もあり。
    前作と、エッセンスは変わらず。でも前作を読んで、「そうは言っても難しいです!」「こんなふうに育てちゃったけどもう手遅れなの?」と思った読者からのお手紙に答える形で書かれているので、こちらの気持ちに寄り添ってくれてる感はあり、読む価値あり。

    メモ。
    ありのままを受け入れる。言い聞かせてできるのを待つ。これだけだ。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

佐々木 正美(ささき まさみ)
1935年8月25日 - 2017年6月28日
群馬県前橋市生まれの児童精神科医で、専門は児童青年精神医学。川崎医療福祉大学特任教授、ノースカロライナ大学医学部精神科非常勤教授。
新潟大学医学部を卒業後、ブリティッシュ・コロンビア大学、小児療育相談センターなどを歴任。自閉症治療教育プログラム「TEACCH」を米国から日本に紹介し、研究を続けてきた。
代表作に『子どもへのまなざし』シリーズがある。主な受賞歴として、糸賀一雄記念賞、保健文化賞、朝日社会福祉賞、エリック・ショプラー生涯業績賞などを受賞。

佐々木正美の作品

続 子どもへのまなざし (福音館の単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする