食べもの記 (写真記シリーズ)

著者 :
制作 : 森枝 卓士 
  • 福音館書店
4.21
  • (7)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「子どもを本好きにする10の秘訣」>「世界・社会」で紹介された本。

  • 大判の本で、写真がじっくり見られてよい。世界は多様だ。食べ物も多様だ。ああ、胃腸が弱くなる前にもっといろんなものを食べに出かければよかった。まあ今からでも。

  • これも楽しい本です。

  • 世界中の色々な食を見るのが好き。
    洋書でFood Markets of the World というのを持っていて
    それの日本語版、もっと詳しくって感じの本。
    じっくりと何度も読める本。
    世界の主食(米・麦・綿)・菓子・野菜・果物
    肉・ミルク・魚・香辛料・保存食・市場・台所
    食卓の風景・飲む・食べるなどがとてもわかりやすく
    興味深くまとめられている。
    世界中の食をまとめるというのは簡単なようでいて、
    実に大変な作業だったと思う。

  • 世界の食べ物を網羅している。
    写真集として見て面白い。

    食べる楽しさが伝わってきます。
    おかずのように食べなくてはいけない
    ものではない。だから多くの国で工夫して
    多くの種類が生まれた。

    菓子のページがカラフルで印象に残っています。

  • お、美味しそう!!

  • 食いしん坊のなせる技?!文化人類学を大学で専攻してただけあって写真の技術ってよりは、文化人類学的資料としていい!食べもの博物館です。おなかへってくる…

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1955年、熊本県水俣市に生まれる。高校在学中、アメリカ人写真家ユージン・スミスと水俣で出会い親交を深め、写真家を志す。国際基督教大学で文化人類学を学び、以後、アジアをはじめ、世界各地を歩き、写真、文章を新聞、雑誌に発表。
現在は写真家、ジャーナリスト。大正大学客員教授。早稲田大学などでも食文化を講じる。人気カレーマンガ『華麗なる食卓』(集英社、全49巻)を監修。
主な著書に、『食の冒険地図』(技術評論社)、『世界の食文化4 ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマー』(農文教)、『考える胃袋』(石毛直道民族学博物館名誉教授と共著、集英社新書)、『食の文化フォーラム31 料理すること』(編、ドメス出版)、『食べもの記』『手で食べる?』『食べているのは生きものだ』(以上、福音館書店)などがある。

「2015年 『カレーライスと日本人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森枝卓士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
マイケル・グレイ...
馬場 のぼる
A.トルストイ
ユリー・シュルヴ...
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする