ペッテルとロッタのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―スウェーデンの絵本)

  • 福音館書店
3.78
  • (3)
  • (8)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017557

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 3人のおばさんシリーズ

    みどりおばさん、ちゃいろおばさんむらさきおばさんの家の子どもになったペッテルとロッタ。

    みどりおばさんが、ブリックを探しに行った時に見つけた、小屋にいた子猫だったエスメラルダ。彼女が子猫を産みました!
    でも、家で飼えるのは1匹だけ。2人は2匹を誰にあげようか相談します。
    あおおじさんの家のお手伝いのベアタに1匹をあげました。

    あおおじさんはこんなことを言いました。
    「いい子はね、人にしんせつにするものだよ。心からしんせつにしてあげれば、いじわるな人も、とてもやさしい、いい人になる」

    それをきいて、まえにくらしていた、せんたくおんなのクリスティンばあさんをおもいだしました。

    おばそんたちが市に出かけた日、ペッテルとロッタのぼうけんがはじまります。

    クリスティンばあさんの家にいくと、そっとこねことお菓子を置いて見守りました。
    おばあさんはこねこに聞いたこともないようなやさしい声で接してくれました。
    そこへプリックがやってきて、2人がいることがバレてしまう。
    でも、ばあさんはすっかりやさしくなり、ワッフルを焼いてくれました。
    帰り道、粉引きの馬車に乗せてもらうも、
    結局2人は歩いて家に帰ることになり、森の中で迷子になります。
    川で泳いでいるうちに、服も盗られ、裸ん坊。でも、親切な木こりのおじいさんに助けらます。

    そうです、親切な人ってこうして、あちらにもこちらにもいるのですねぇ。

    そこからなんと2人はおばさん達がでかけた市に連れていかれ、見つかってしまいます。

    でも、2人の冒険の話をきいたおじさん、おばさんは、あらためて2人を市に連れて行ってくれます。
    しんせつな木こりのおじいさんに、服も返しにいきました。

    うん、一件落着。
    ところで、エスメと子猫のムッルは、ぼうけんよりも、台所の片すみでねているのが幸せなんですって。

    かーわーいー❣️

  • 三人のおばさんシリーズ。
    辛い孤児の境遇で育ったはずなのに、ペッテルとロッタはまっすぐに育って良い子だねぇ。

  • 3人のおばさんたちとあおおじさんは市に出かけ、ペッテルとロッタはクリスティンばあさんを訪ねます。が、思いもよらぬ出来事が続き、気がつけば市のサーカスの舞台に立っていたのです…。よいおとなたちのもとで健やかに育つペッテルとロッタのものがたり。シリーズ3作目。

  • ☆世界傑作絵本シリーズ(スウェーデンの絵本)
     読んであげるなら5歳〜
     「いい子はね、人に親切にするものだよ。心から親切にしてあげれば、意地悪な人も、とても優しい、いい人になる」
     「人に親切にするときは、自慢しちゃいけない、こっそりやるものだ」
     ところどころに道徳的要素もある、ベスコフの3人のおばさんシリーズ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1874~1953年。スウェーデン生まれの児童文学作家・絵本作家。6人の子どもを育てながら、数多くの物語・絵本を残した。その作品は、北欧だけでなく、世界中で、何世代にもわたって愛されている。主な作品に『もりのこびとたち』『ペレのあたらしいふく』(福音館書店)、『どんぐりぼうやのぼうけん』(童話館出版)、『おひさまのたまご』『しりたがりやのちいさな魚のお話』(徳間書店)などがある。

「2021年 『ロサリンドとこじか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エルサ・ベスコフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
エルサ・ベスコフ
酒井 駒子
エリック=カール
エルサ・ベスコフ
マージェリィ・W...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×