桃源郷ものがたり (世界傑作絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
4.05
  • (9)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ご飯がおいしそうでした

  • 絵が素晴らしくとても贅沢な絵本。偶然行き着いた桃源郷。そこは何百年の間外界との接触を断ち争いが無く民が皆笑顔溢れる理想郷だった。そこで数日を過ごし村へ戻る際このことは他言しないようにと言われるが…。桃の花が咲き誇る川の源流の風景が圧巻でした。

  • 絵が好き

  • 中国でも、歴史的にはいいところたくさんあるのに、残念だわ…
    理想の住む場所とは…

  • 陶淵明について調べていたら出会った絵本。たいへん美しい絵で、吸い込まれていきそうになった。何度も読み聞かせしたい絵本である。

  • 桃の季節に読んでいる。“桃源郷”って言葉、よく聞くから子ども達知っておいた方がいいかも。ユートピア中国版。

  • 2012.7.22.sun

    【経路】
    図書館。

    【感想】
    ユートピアとは煌びやかなものではなく、質素ながらの平和なものを指すという理念なのね。

    【内容メモ】
    晋。武陵 貧しい漁師
    川上
    両岸に桃
    洞穴
    もてなし
    秘密

  • 「桃源郷」というところが、どういうところかが分かります。
    でも、5~6歳くらいにならないと、よく分からないかもw

  • 桃源郷という言葉から思い描くイメージは様々あると思いますが、私のイメージはこの絵本のあの桃の咲き誇る村の絵です。本当に素敵。
    大き目の絵本なのですが、そこがまた素敵。

  • 中国の伝説の楽園といわれる桃源郷のものがたりを、精密な絵と物語で綴っている正統派。絵本としては細かい展開で小学高学年以上向けですが、じっくり読み聞かせもたまにはいいかも。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

松居直 1926年、京都に生まれる。同志社大学卒業後、絵本の出版・編集に従事。1969年、1979年世界絵本原画展BIB国際審査委員。1981年にはスロヴァキア共和国文化省から「BIB特別功労賞」を贈られた。『だいくとおにろく』『こぶじいさま』『ぴかくんめをまわす』(以上、福音館書店)などの絵本をはじめ、『絵本とは何か』『絵本を見る眼』『絵本を読む』(以上、日本エディタースクール出版部)、『わたしの絵本論』(国土社)、また国語教科書『にほんご』(福音館書店)など著作・評論多数。東京都在住。

「2016年 『傑作絵本劇場 ももたろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松居直の作品

ツイートする