桃源郷ものがたり (世界傑作絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
4.05
  • (9)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834017991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 陶淵明の「桃花源記」が出処で、現代の子どもたちに語り伝える物語として、再話されたもの。
    もちろん、大人が読んでもじゅうぶん鑑賞に堪える素晴らしい一冊。
    特に絵の美しさはこれまで想像してきた「桃源郷」の風景を決して損なうことなく、実に雄大で美しい。
    その絵は、中国の絵本画家・蔡皋(さいこう)によるもの。
    絵巻物のような美しい世界を、読むたびに堪能できる。
    舟を漕いで行くと現れる桃の花の咲く風景。
    手入れされた田畑と家々、家の中の様子や食卓の料理。
    桃源郷の人々の暮らしぶりが、とても丁寧に描き込まれている。
    高校の漢文の授業で【桃花源記】を学んだ方は、懐かしく思われるかもしれない。
    約11分。低学年から。
    桃の花の咲く季節に。

    読み終えてから調べてみて、驚いたことがひとつ。
    桃源郷イコール理想郷(ユートピア)ではないのだ。
    似て非なるものどころか、正反対。
    ユートピアは、理想社会を築こうと人々が努力している社会主義国家。
    ところが桃源郷は、理想社会の実現をあきらめ、人々は外界との接触を一切絶って貧しく質素に暮らしている。
    その穏やかな世界を、争いだらけの時代に陶淵明は夢見たのだろう。

    そしてそれは、誰しもが心の奥底に持っているもので、心の外に求めた二度目の訪問では、
    決してたどり着くことが出来なかったのかもしれない。

    読み終えて気づいたことがもうひとつ。
    白黒の扉絵には、戦乱から逃げ惑う人々や連行される人、焼き討ちにあった家や殺された人などが描かれている。う~ん、うっかり見逃したけどこれがお話の導入になっていたのね。
    よくよく見ると、お話の主人公である漁師の一家らしい姿も。

    さて、私も心の中の桃源郷で、ゆったりと過ごしてみようか。。。出来るかな?

    • だいさん
      >桃源郷イコール理想郷(ユートピア)ではないのだ。

      これ、いいですね!
      私は、ザナドゥを思い浮かべてしまいます。
      >桃源郷イコール理想郷(ユートピア)ではないのだ。

      これ、いいですね!
      私は、ザナドゥを思い浮かべてしまいます。
      2014/04/23
    • nejidonさん
      だいさん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます。
      桃源郷イコール理想郷ではないと、これこそ言いたかったようなレビューです(笑
      私...
      だいさん、こんにちは♪
      コメントありがとうございます。
      桃源郷イコール理想郷ではないと、これこそ言いたかったようなレビューです(笑
      私も含めて、大半の方が思い違いをしていそうですよね。
      もっとも、かたや「社会主義国家」ですから、崩壊は目に見えていますが。

      「ザナドゥ」と聞いて最初は???でしたが、「キサナドゥ」のことですよね!
      おお、久々に聞いた単語です。
      これも「桃源郷」のことでしたね。だいさん、さすがです!

      2014/04/23
  • ご飯がおいしそうでした

  • 絵が素晴らしくとても贅沢な絵本。偶然行き着いた桃源郷。そこは何百年の間外界との接触を断ち争いが無く民が皆笑顔溢れる理想郷だった。そこで数日を過ごし村へ戻る際このことは他言しないようにと言われるが…。桃の花が咲き誇る川の源流の風景が圧巻でした。

  • 絵が好き

  • 中国でも、歴史的にはいいところたくさんあるのに、残念だわ…
    理想の住む場所とは…

  • 陶淵明について調べていたら出会った絵本。たいへん美しい絵で、吸い込まれていきそうになった。何度も読み聞かせしたい絵本である。

  • 桃の季節に読んでいる。“桃源郷”って言葉、よく聞くから子ども達知っておいた方がいいかも。ユートピア中国版。

  • 2012.7.22.sun

    【経路】
    図書館。

    【感想】
    ユートピアとは煌びやかなものではなく、質素ながらの平和なものを指すという理念なのね。

    【内容メモ】
    晋。武陵 貧しい漁師
    川上
    両岸に桃
    洞穴
    もてなし
    秘密

  • 「桃源郷」というところが、どういうところかが分かります。
    でも、5~6歳くらいにならないと、よく分からないかもw

  • 桃源郷という言葉から思い描くイメージは様々あると思いますが、私のイメージはこの絵本のあの桃の咲き誇る村の絵です。本当に素敵。
    大き目の絵本なのですが、そこがまた素敵。

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

松居直 1926年、京都に生まれる。同志社大学卒業後、絵本の出版・編集に従事。1969年、1979年世界絵本原画展BIB国際審査委員。1981年にはスロヴァキア共和国文化省から「BIB特別功労賞」を贈られた。『だいくとおにろく』『こぶじいさま』『ぴかくんめをまわす』(以上、福音館書店)などの絵本をはじめ、『絵本とは何か』『絵本を見る眼』『絵本を読む』(以上、日本エディタースクール出版部)、『わたしの絵本論』(国土社)、また国語教科書『にほんご』(福音館書店)など著作・評論多数。東京都在住。

「2016年 『傑作絵本劇場 ももたろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松居直の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリー カ...
なかがわ りえこ
チェン ジャンホ...
A.トルストイ
モーリス・センダ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする