魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)

著者 :
制作 : 林 明子 
  • 福音館書店
3.77
  • (61)
  • (81)
  • (120)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 754
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834018127

作品紹介・あらすじ

「ひとり立ち」するためにはじめての街にやってきた十三歳の魔女キキと相棒の黒猫ジジ。彼女が懸命に考えて自立するために始めた仕事は、ほうきで空を飛んで荷物を届ける宅急便屋さんでした。ミスをしておちこんだりしながらも元気に生きるキキは、荷物を運びながら大事なことを発見していきます。小学校中級以上。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰でも魔法をひとつは持っているんです。
    空を飛んだり、姿を消したりすることはできなくても、
    自分が好きなことで生きられれば、
    それは魔法になる。

    角野栄子

  • .
    『魔女の宅急便』角野栄子 作/林明子 絵
    .
    子どもの頃以来。
    ああ、いいなあ。
    大好きよー。
    魔女が近くにいるなんて。
    時々ハッとする言葉が散りばめられている。
    林明子さんの挿絵もすごくいい。
    女の子は絶対読んだ方がいい。
    子どもの頃にぜひキキに出会ってほしい。
    おばあちゃんになってもずっと心の中にいてほしい。
    .
    .
    #魔女の宅急便
    #角野栄子
    #林明子
    #本 #book #読書 #reading #本の記録 #読書日記 #読書感想文 #書店員

  • 児童書だけど、角野栄子さんの語り口調にページめくるのがワクワクした!

  • 文体が軽やかなため
    読むペースの遅い私でもすぐ読み終えてしまった

    元気なときにも ちょっと疲れているときにも

  • 有名な本で期待値が高すぎたのか何となく…

    新しい街で一人暮らしを始めた女の子(魔女)のお話。


  • 登場人物みんながほのぼのとしてて、角野栄子さんの愛情とか優しさを感じられるお話。映画と結構違って、巻を進むごとにキキが思春期しだすし、トンボさんが乙女心わかってなさすぎて腹立ちます。

  • 2019年2月。3年生向け。キキが旅立ちの日を決めるところまで。

  • 出産を控え、また児童文学を読みたくなりました。
    映画は大好きですが、原作を読んだことがなかったので。

    自分が大人になり、母親になったせいか、
    最初のひとりだちの場面がぐっときました。
    13歳でひとりだち、自分なら子どもの力を信じて送り出すことができるだろうか。

    でも、最後の里帰りは、自分が地元を離れていた頃を思い出しました。まだここでの親の気持ちにはなれないようです。

    ちゃんと子離れできる親になろうと思いました。

    映画と同様、女の子の好きな要素がたくさん。

    冬の場面で、
    (こんなときは、毛布にくるまって、あったかいもの、そう、サフランのお茶でものみながら、かあさんとおしゃべりがしたいなあ)というところ、好きです。
    私も子どもとしたいな〜

  • 本当にいい児童文学は、大人になっても読んでも面白い。角野先生、国際アンデルセン賞、おめでとうございます!

  • ほうきで飛べていいなと思いました。

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角野 栄子(かどの えいこ、本名 渡辺栄子)
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、結婚して退職。1960年、25歳の時に自費移民としてブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、アメリカ文学研究者龍口直太郎の勧めによって、ブラジル体験をもとに描いたノンフィクション『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家デビュー。それから7年かけて、絵本・童話の創作も始めた。
産経児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数の受賞歴がある。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。
2018年、「児童文学のノーベル賞」「小さなノーベル賞」と評される国際アンデルセン賞作家賞を受賞。代表作の『魔女の宅急便』シリーズ、『トンネルの森1945』が受賞声明で言及されていた。

魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)のその他の作品

角野栄子の作品

魔女の宅急便 (福音館文庫 物語)を本棚に登録しているひと

ツイートする