幼ものがたり (福音館文庫 ノンフィクション)

著者 :
制作 : 吉井 爽子 
  • 福音館書店
3.76
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834018226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もしいつかこの本が手元から消える日が来ても、受け取ったものはずっと忘れずに、大事にしたい。とても大切な本です。

  • 石井桃子さんの幼いころの回想録

    石井さんは幼児期から感性が鋭く、記憶も繊細なことがわかる。子ども時代の自分をきちんと別の視点から見ていると思う。子ども時代が彼女を作ったことも納得。

    それとは別に、日本のこの時代のしきたり、道具などがきちんと描かれているので、文化論として読むことができるのではないか。

    幼児の心の動き、成長などもみてとれる
    身体の触れ合いが多かったように思える。
    桃子が一番小さかったからかもしれないが、誰とでも身体を密着させる感覚が多くあった。

    姉たちの昔語り、祖父からの~

    浦和の宿の北はずれ

    家族構成のおもしろさ

    祖父 金物屋「釜屋」
    祖母
    父 銀行員



    兄 保太郎 生後六ヶ月で亡くなる
    兄 勝一


    祐子
    桃子
    弟 幼い時期に亡くなる

    まあちゃん

    松屋という屋号の家
    長屋門
    母屋

  • 明治の郊外の少し裕福なお家の暮らしが淡々と綴られています。
    石井桃子さんの心の豊かさはこうして育まれたのがわかる優しい本。

  • 断捨離本2013春。

  • 石井さんの子供時代を、いまの言葉で記憶に忠実に描き出したもの。
    それだけでもすごい本ですが、
    細部にわたる描写、子供らしいみずみずしい目線などが名文で綴られています。
    銀の匙、をもっとアッサリさせたようなかんじです。
    いや、銀の匙以上の作品でしょう。私小説くささがなくて、読みやすい(笑)。
    もっと読まれてほしい本です。

  • ここにレビューを書きました。

    http://blog.goo.ne.jp/luar_28/e/282a156994fed651cd0e5fc88c679e68

  • 吉井爽子さんのイラストと相まって大変可愛らしい作品に仕上がっています。筆者の石井さんの幼少時代が丁寧に思いおこされていて、みずみずしく綴られた文章から明治の暮らしぶりが垣間見え、一緒にこの町内の人々の暮らしを覗いているような楽しい気分にさせてもえます。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

作家、翻訳家。『クマのプーさん』『ちいさいおうち』「うさこちゃん」シリーズなど数々の欧米児童文学の翻訳を手掛けながら、『ノンちゃん雲にのる』等の創作も行い日本の児童文学普及に貢献した。2008年没。

「2018年 『新しいおとな』 で使われていた紹介文から引用しています。」

幼ものがたり (福音館文庫 ノンフィクション)のその他の作品

石井桃子の作品

ツイートする