もりいちばんのおともだち (日本傑作絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.88
  • (50)
  • (48)
  • (56)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 770
感想 : 58
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834018868

作品紹介・あらすじ

森でいちばん大きなクマさんは、小さなものが好きでした。森でいちばん小さなヤマネくんは、大きなものが好きでした。だから、ふたりは出会うとすぐに仲良くなりました。ある日、クマさんとヤマネくんはケーキ屋さんで苗をもらい、育てますが…。友だちどうしの心のやりとりをやさしいタッチで描いた物語です。読んであげるなら4才から。自分で読むなら小学校初級向き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • とにかくかわいい。
    絵のタッチもほっこり。

  • 新品購入
    シリーズもの

    古本屋で買って凄く気に入って
    本屋さんで別のを見つけた時には
    かなり興奮してた
    絵本は高くて買うのを躊躇してしまうので
    古本屋さんには買うきっかけをもらっている
    いつもありがとうございます

    体の小さいヤマネくんは大きなものが好き
    体の大きいクマさんは小さなものが好き
    おもわず笑みがこぼれてしまう
    絵も繊細でかわいらしく
    子どものお気に入りです
    てがみのとこはよむね!
    と最近ははりきっている
    いつになったら1人で読めるのかな…

  • 「もりで いちばん おおきな クマさん」は、
    「ちいさな ものが すき」で、

    「もりで いちばん ちいさな ヤマネくん」は、
    「おおきな ものが すき」だったので、

    「ふたりは すぐに もりで いちばんの なかよし」になります。

    「もりのケーキやさん」を見つけたふたりは、
    ケーキが大好きなところは共通点で、
    仲良く一緒にお店に入っていきます。

    看板の手作りな感じといい、ケーキのていねいな作りこみといい、
    こんなケーキ屋があったら行きたいものです。

    ケーキのひとつひとつのパーツには、
    文字で説明がついているという細やかさ。

    子どもは、ひとつひとつ指差して、
    「いちご!」、「マロングラッセ!」と
    元気よく読んでくれそうです。

    ふたりのケーキの選択は、やっぱりね、なのです。

    ケーキの食べ方にもふたりの性格がしっかり出ています。

    今日ケーキを食べた人へのプレゼントである
    「はなの なえ」の選び方も、やっぱりね、なのです。

    すぐには結果が出ないものの育て方も性格を色濃く映し出す要素。

    ふたりは自分らしく大切に苗を育てていきます。

    育てるものは、自分の最初の予想とは違った方向に行きがちです。

    ふたりも途中で、自分の畑ではなく、
    相手の畑がうらやましくなってしまいます。

    ここで「とりかえっこ」をしないで、
    自分の畑に一生懸命向き合うことを選んだふたり。

    果たして、畑に実ったものは!?

    クマさんとヤマネくんの友情は、様々なものを映し出します。

    ふたりは、自分の体の大きさとは、正反対のものが好きです。

    でも、実は好きなものはちゃんと性格に比例しています。

    クマさんは細やかでやさしく、ヤマネくんは豪快で頑張り屋。

    だから、クマさんは小さなものが好きで、
    ヤマネくんは大きなものが好きなのです。

    つい見かけで判断して、
    反対のものを選んでいるんじゃないかと思ってしまいがちな私たち。

    だけど、ふたりはちゃんと自分にぴったりのものを選んでいるのですね。

    細やかでやさしいクマさんは、
    はじめてヤマネくんに会ったときに
    「ちいさくって かわいいなぁ」と思い、

    豪快で頑張り屋のヤマネくんは、
    はじめてクマさんに会ったときに
    「おおきくって かっこいいいなぁ」と思います。

    ふたりは最初は見た感じで好きになりますが、
    お互いのペースでお互いの選択を尊重したまま仲良く過ごしていきます。

    そして、お互いに訪れた「違う結果」を、
    うらやましさを超えて尊重し合い、分け合える相手なのです。

    出会いのきっかけは、見た感じだったり、
    ちょっとした印象だったりするかもしれません。

    でも、その選択が本当に自分にぴったりだったのかを決めるのは、
    見かけではないのだ、
    本当の答えが分かるのは少し後なんだと、
    ふたりは教えてくれたのでした。

  • ふくざわゆみこさんの本はどれも絵がかわいいね。出来上がった野菜でブルドッグさんにケーキ作ってもらって欲しかったなあ。

  • 読み語り選書用。
    秋の食べ物が美味しそうで、見るものを惹き付けます。クマさんの優しさ、ヤマネくんの一生懸命さがかわいらしいです。

  • 秋におすすめ
    かぼちゃとさつまいも

  • 良かった

  • このシリーズの一作目がこれなのかな?

    やまねくんと、くまさんの出会いがよくわかります

    やまねくんは大きなもの
    くまさんはちいさなものが好きだったんだね

  • 小さなものが好きなクマさんと、大きなものが好きなヤマネくんという正反対の組み合わせの2人は大の仲良し。この2人が育てた花は予想外のものになって…。親しみやすい絵柄で内容も読みやすい絵本です。

全58件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。
絵本に、『もりいちばんのおともだち』『ふゆじたくのおみせ』『めざめのもりのいちだいじ』『あめのもりのおくりもの』『もぐらくんとセミのこくん』『ブルくんとかなちゃん』 『ブルくん かくれんぼ』(以上、福音館書店)、『いないよいないよいませんよ』『ぎょうれつのできるパンやさん』『ぎょうれつのできるレストラン』(以上、教育画劇)、『のねずみチッチ』(のら書店)、『もりのホテル』(学研出版)、『くだもの あーん』(ひかりのくに)『モモンガのはいたつやさん』『モモンガのはいたつやさんとミーちゃんへのプレゼント』(以上、文溪堂)などがある。

「2022年 『モモンガのはいたつやさん もりのいたずらっこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ふくざわゆみこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×