ここよ ここよ (0.1.2.えほん)

  • 福音館書店
3.59
  • (19)
  • (31)
  • (44)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 486
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834019032

作品紹介・あらすじ

「どこに いるの?」の呼びかけに、お母さんの陰に隠れていた動物の赤ちゃんたちが顔をのぞかせます。めんどりの羽の下のひよこも、お母さんに抱かれたオランウータンの赤ちゃんも、みな幸せそうな表情をしています。藪内正幸さんの、緻密で繊細なタッチで描かれた動物の親子には、あたたかく幸せな「ハチミツ色」の時間が感じられます。ひざの上で絵本を見ている赤ちゃんは、お母さんの体温とともに、動物の親子のあたたかなぬくもりも感じ取ってくれることでしょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動物好きだからハマるだろうと思ったら、そうでもない。
    一緒に用意した「だれかなだれかな」の圧勝でした。
    赤ちゃんが隠れてる様子と見えてる様子の違いが分かりにくいのかも。
    別に最初から隠れてないじゃん!て感じですかね。
    うちには動物の写真図鑑もあるし、見慣れていたのもあるかも。
    私は可愛い絵だと思うのですけどね。

  • 0歳9ヶ月 図書館

    動物の絵がリアルでとてもよかった。
    どこかな?と言って探しながら読み聞かせ。

  • 赤ちゃんがどこにいるか探すのが楽しかったです。

    1歳9ヵ月

  • ●読み聞かせ。
    ●動物たちの赤ちゃんはどこにいるかな?

  • 図書館で借りた
    一歳0ヵ月

    動物とその赤ちゃんが、りあるっぽく描かれてる。カンガルーは表紙と裏表紙だけででてこない。
    娘は自分でチラチラめくって、動物を指差して興奮してるから何回も動物の名前を教えたり、動物モノマネしている。ペンギンのところがすきでいつも大興奮する。

  • 11ヵ月

    動物のお母さんに赤ちゃんが抱っこされている。
    どこにいるのかなと思い次のページをめくると抱っこされている絵が出てくる。

    文字は少なめだが食いつき度は△

  • どこにいるの?からのここよここよ。
    一緒にどこかな?って読める。
    表紙のこたえは背表紙にあって、表紙と背表紙も楽しめる。

  • 6ヶ月から読み聞かせ。1歳現在も反応は??だけど、読んでと持ってくるから気に入っているのかな。リアルな絵なので、図鑑のように使えて便利。

  • 薮内正幸さんの絵による絵本。
    「どこにいるの、○○のあかちゃん」
    「ここよ、ここよ母さんの○○よ」
    と同じリズムで様々な動物の母子が描かれます。

    単純な作りではありますが、母親の愛情を感じることができる絵本だと思いますし、薮内正幸の画力により大人でも十分に楽しめる本だと思います。

  • 1:1 リアル描写はまだあまり食いつかない。いつごろ面白くおもえるかな? 1:3 ちょっと手を取るようになって、ラッコの赤ちゃんを指させるように。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

かんざわとしこ

「2009年 『たまごのあかちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かんざわとしこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
エリック=カール
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
石井桃子
有効な右矢印 無効な右矢印

ここよ ここよ (0.1.2.えほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×