ハイジ〈上〉 (福音館文庫 古典童話)

  • 福音館書店
4.00
  • (12)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834019346

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2017.8月。
    いいなあアルプス。読んでるだけで素晴らしい景色が浮かぶ。人は自然の中で生きるということ、そしてその喜びをハイジが教えてくれる。しかし、どうしてもアニメの人たちの顔を思い出すな。ペーターがちょっとキャラが違って驚く。

  • Eテレ「100分de名著」を見て、『ハイジ』を再読。子どもの頃は物語の筋を追いかけるだけで、物語の意味まで読み取れていなかったと、改めて実感。
    この年齢だからこそわかるテーマがあちらこちらに散りばめられており、興味深く読めた。

  • 明後日から、スイス、ハイジに会いたい!ハイジのお医者さまの心境・・・

  • アニメも好きだけど原作も大好きだった!

    スイスに行って山を見て、「ああ、これがハイジの世界か・・・」と納得。

  • ハイジが放蕩息子のはなしをよんできかせるところがクライマックス。おじいさんの涙にこっちもうるっとくる。

  • 読んでる間も、読み終わった後も、とても幸せな気分にさせてくれる一冊。ハイジの無垢で純粋な言動は、物語の中の人々を魅了するだけでなく、読み手も楽しまさせてくれます。ゼーゼマン氏、その母、アルムじいが素晴らしい!傷心の医師、貧しいペーターやおばあ、彼らの痛みをきちんと描いており、ちゃんと救いがある。そして病弱なクララに起こる奇跡!登場人物と美しいアルプスの山に心を洗われる、そんな素晴らしい本でした。読んで良かった。

  • 一見何不自由ないフランクフルトのお屋敷で暮らしながら、アルムの山に焦がれ、憔悴していくハイジの姿が胸を打つ。何度読んでも「ああ、おじいさんのところへ戻れてよかったなあ」としみじみ思う。
    ハイジは「本当に大切なものは何か」がよくわかっている子だ。そのうえ、つらい経験からも前向きな教訓をひきだすことができる。りっぱな子だな…。アルムにくる前にも、愛されて育ったにちがいない。

  • 山で暮らしたくなるよ

全9件中 1 - 9件を表示

J.シュピーリの作品

ツイートする