おばけのコンサート (幼児絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.71
  • (16)
  • (16)
  • (31)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 182
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834019674

作品紹介・あらすじ

おばけたちが楽器を持って大集合、愉快なコンサートのはじまり! 一晩中楽しく盛り上がりました。色鉛筆の色彩が美しい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みずのおばけ、インパクトあった!2歳3カ月児も、プンピンポロロンとか、キューキコホーホーとか、たくさん覚えて、とつぜん歌い出してます。

  • おばけ好きな息子が気に入った一冊。
    はじめは1人でハーモニカを吹いていたおばけの家に次々とユニークなおばけたちがやってきて賑やかな演奏会になっていく過程に惹きつけられていました。(3歳10ヶ月)

  • いろいろなおばけが次々加わり演奏をしていく様子が楽しそうです。

  • 2015年7月10日

    <CONCERT OF PHANTOMS>

  • 1歳
    息子が読んで、と持ってくる一冊。

    2歳6ヵ月
    我が家の本棚に収まって約1年。
    ちょっと忘れたころにまた読んで、で、
    細く長く読み続けて、
    実はお気にいりな一冊。

  • おばけ嫌いな息子が「かわいいおばけ、好き」おいってお気に入り。家のおばけとダンスするのが好きなよう。おばけはお日様が嫌い、というのも気に入ったようです。

  • 2014福岡絵本ミュージアムにて。
    訪問者のあるお話とかおよばれのお話ははわくわくの定番ですね!なんか良いなと思うんですよね。おばけも可愛らしくて全然怖がることもありませんでした。先月ズーラシアンブラスを見に行ったので亜種(という表現はあれだけど)のコンサートも面白いのかな?

  • おばけがハーモニカを吹いていると、ドアがノックされ、バイオリンを持った森の木のおばけがやってくる。
    一緒に演奏をしていると、今度はオーボエを持った水のおばけがやってくる。
    ギターを持ったサボテンおばけ、ほねたたきをするガイコツ、ハープを持ったおばけぐももやってくる。
    みんなで楽楽器を鳴らし楽しくしくコンサートをする。
    すると、家が揺れ出す。
    実は家もおばけで音楽に合わせてダンスを踊っていたのだ。
    家の周りの木も踊り出し、みんなで楽しむ。
    朝になってまたドアをノックする音が聞こえる。
    ドアを開けるとそこにはお日さまが。
    みんな大慌てで家へ帰るのだった。

    色々な楽器を持ったおばけたちがコンサート。
    落ちはありがちだけれど十分楽しい。

    おばけぐもがかわいい。
    水のおばけもいい発想。

  • カタカナ読みずらいけど、面白い・笑

  • 子どもが、今一番好きな本。おばけ嫌いなはずなのに。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

たむらしげる 1949年、東京都生まれ。絵本に『ごろんご ゆきだるま』『おばけのコンサート』『ロボットのくにSOS』『ペロチュパチュー』(「こどものとも0.1.2.」2015年5月号)『たべたの だーれだ?』(「同」2016年8月号」)『はりがね なんになる?』(「こどものとも年中向き」2015年12月号/以上、福音館書店)など多数。漫画に『結晶星』(青林工藝舎)などがある。画文集『メタフィジカル・ナイツ』(架空社)で小学館絵画賞、映像作品『銀河の魚』(SME・ビジュアルワークス)で毎日映画コンクール大藤信郎賞、『クジラの跳躍』(バンダイビジュアル)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などを受賞。2018年、絵本『よるのおと』(偕成社)で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2018年 『かたつむりタクシー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たむらしげるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
にしまき かやこ
酒井 駒子
なかがわ りえこ
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
アネット=チゾン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする