もしゃもしゃちゃん (世界傑作絵本シリーズ)

  • 福音館書店
3.69
  • (23)
  • (26)
  • (51)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 346
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (51ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834020328

作品紹介・あらすじ

髪の毛がもしゃもしゃの女の子が、森のハリネズミたちに助けられて、きれいな女の子に変身します。ユニークなデザイン感覚とユーモアのセンスが魅力的なハンガリーの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 髪の毛がいつももしゃもしゃなもしゃもしゃちゃんが主人公。綺麗に身なりを調えるとあっというまに……!可愛い絵本です。

  • 息子7歳8か月
    息子が喜びそうな本を図書館から借りてきて読み聞かせ…最近は息子が一人で読むようになってきて、母はサミシイ。

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯

    〈子〉
    何度も読む(お気に入り) ◯
    ちょうど良いボリューム ◯
    その他

    怒り顔、ムッスリ顔から、最後にはニコニコ笑顔になるもしゃもしゃちゃんが良い。
    女の子向けの内容かな、と思ったけれど、息子も何度か読んでいました。
    清潔感、大事。

  • 会社から早く帰って来たので、寝る前に息子に絵本を読んでやりました。
    息子が選んだのは『もしゃもしゃちゃん』です。

    作者のマレーク・ベロニカはハンガリーの作家で絵や色づかいが欧州的(個人的な感覚ですが・・・)なところがとても好きで気に入っています。

    さて、『もしゃもしゃちゃん』ですが、こんなお話です。

    --------------
    髪の毛がいつももしゃもしゃなので"もしゃもしゃちゃん"と呼ばれている女の子がいました。
    この子は、髪の毛はとかさず、歯もみがかないし、お風呂も嫌いでした。
    ある日、子どもたちで仮装パーティーをやることになりました。
    "もしゃもしゃちゃん"がなりたいのは、妖精です! それを聞いて、みんな大笑い。「きみが妖精? 髪の毛がもしゃもしゃのくせに!」
    "もしゃもしゃちゃん"は、みんなの言葉に悲しくなり、家を出て、森のなかへと歩いていきました。

    悲しみでいっぱいだった"もしゃもしゃちゃん"ですが、森で出会ったハリネズミの活躍でみんなと仲直りでき、ハリネズミや森の仲間たちの協力で、きれいな妖精に変身して仮装パーティーに戻ることができました。
    --------------

    みんなと仲直りする場面で、みんなから"もしゃもしゃちゃん"へ宛てた手紙が出てきます。
    みんなが"もしゃもしゃちゃん"に謝る内容なのですが、悪かったことは素直に謝ることができる人間に育って欲しいという願いを込めて、その手紙の文面を読むのはいつも息子の役目にしています。

  • 表情豊かなシンプルな絵の表現が、とっても素敵です。

  • 洗って、歯を磨いて、紙をとかす

    毎日やらないとこうなっちゃよーと

    でもちゃんと身だしなみ整えると
    こんな素敵に変身できるね

  • あらかわいい。女の子の返信願望を叶えてくれる。誰だってかわいくて素敵な女の子なれる。

  • 理緒
    546
    3y5m

    すごいすきだった かわいい 年もちょうどかな

  • 子供に日常生活の習慣を付けさせるのには、いいわね

  • (2016年5月)
    2年くらい前に古本で購入したもの。
    5歳児が結構好きで、よく読んでといってくる。
    素敵な女の子に変身するお話だから、読んでて乙女心がキュンキュンして楽しいのかなー。

    母としては毎回「しっかり歯みがきしようね、ほら、もしゃもしゃちゃんみたいに」と言いたくなるのをぐっとこらえている。

    (2017年2月)
    出してきて読み。
    「みにくいアヒルの子」的な感じだよな、と思う。
    お姫様やかわいいものへの変身願望がある女の子心を刺激するのかなーと思う。

    (2017年4月)
    6歳児Fからリクエストあったので読み。
    やっぱりかわいい女の子に変身するってみててウキウキするんだと思う。

    (2019年3月)
    出して来て読み。
    8歳児Fはやっぱり好きみたい。
    一番読んでほしい歯磨ききらい、髪とかすの嫌いな3歳児Aは聞いてなかったりする。

    (2020年7月)
    リクエストあったので読み。
    4歳児A、夢中で聞いてた模様。
    やはり女の子の変身願望がくすぐられるのであろう。

    (2020年8月)
    4歳児Aのリクエストで読み。
    いつのまにか9歳児Fも一緒に聞いてた。

    (2020年11月)
    5歳児Aのリクエストで読み。
    女子が可愛く変身、というのがグッとくるようだ。

    (2021年5月)
    5歳児Aのリクエストで読み。
    女子の変身願望よ。

  • 子供たちがたくさん住んでいるお家がありました。そこに住んでいるもしゃもしゃちゃんは、髪をとかしません。歯も磨きません。お風呂にもはいりません。だからいつも頭がもしゃもしゃ。本当はちゃんと名前があるのに、皆はもしゃもしゃちゃんとよびます。
    ある日、皆で仮装パーティをすることになり、それぞれなりたいものの絵を描きました。もしゃもしゃちゃんは妖精の絵を描きました。だけど、皆は大笑い!


    絵がめっちゃ可愛くて引き込まれます。
    髪をとかせてくれないうちの娘に読んであげたい。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1937年ハンガリーのブダペスト生まれ。国立人形劇場のスタッフとして働いた後、絵本作家に。その作品は世界中の子供たちに、ずっと愛され続けている。主な作品に『ラチとらいおん』『ボリボン』(福音館書店)、〈ブルンミとアンニパンニ〉シリーズ、〈キップコップ〉シリーズ、『ぼくとおにいちゃん』『のりものにのって』『きのうきょうあした』(風濤社)など。


「2017年 『とんとん だあれ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マレーク・ベロニカの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘレン・バンナー...
馬場 のぼる
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×