ファンが悪魔をつかまえた―メキシコの民話 (こどものとも世界昔ばなしの旅2)

  • 福音館書店
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834021240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆メキシコ民話 絵:今井俊◆大食いのファンは家財を食い尽くし、母親に「お前より悪魔の方がよほどまし」と追い出される。大鷲にのり海を越え、3人の行者に会ってコヨーテ・ペンチ・火を消す呪文を手に入れて、悪魔のいる火をふく洞穴に辿りつく。呪文で火を消し、ペンチで悪魔の鼻を挟んでうちに連れ帰る。「まぁ、恐ろしい!消しとくれ」と母親。悪魔はコヨーテのしっぽの毛を引き抜くと牛になることをファンに教え、ほうほうの態で夜空に消える。みんな牛をおなかいっぱい食べましたとさ…めでたしめでたし。◆解釈できない!民話だもの(笑)【2013/10/25】

  • 5歳娘と9歳息子に読み聞かせ。

    息子の小学校で、世界の国々の本を読む、がテーマの読書月間中。
    メキシコの民話。

    大食いの主人公=ファン。ギャル曽根の親はこんな気持ち? 大食いの子どもなんてお金ばっかりかかるし、悪魔の方がまだマシ。って親に言われて悪魔を探しに出かけたファン。

    オオワシもコヨーテも、悪魔までもが人間の言葉を話すのに、ウシだけ、ただの食べ物として描かれててかわいそうにね。

    でも、結果、いいやつだったね、悪魔って。

    コヨーテのしっぽの抜け毛がウシに化けてくれるなんて、だいぶ食費が浮くね!
    コヨーテには長生きして欲しいね。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする
×