チータカ・スーイ (日本傑作絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.64
  • (4)
  • (6)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834021790

作品紹介・あらすじ

町はずれの公園を出た子どもの楽隊。傍若無人にねりあるきますが、大人はだれも気づきません。西村繁男がさそう神話的世界への入り口。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「トラ!トラ!」と喜ぶ2歳。まいにち何回も読んでます。ちょっと懐かしい感じのお店が並ぶ街並みで、塀や屋根の上をあるいたり、人の家を通過したり、何回読んでも魅力的です。

  • 20151117
    図書館でちょっと見てみようか、と読んでみた。
    簡単に言うと、お祭りの子供行列が町を練り歩く様子を楽しげに表現したお話。
    絵が細部まで凝っていて、見開きをじっくりみていると楽しめる。
    こどもが小さく、まだそういう観察が難しいので、楽しみは半減。
    でも読んでるだけで楽しいみたいだった。
    あと、チータカ・スーイという言葉の繰り返しが面白いみたい。
    読んでるこちらもあとからジワジワ来る。
    絵もかわいいです。
    子供がもう少し大きくなってからまた試してみたい。

  • なぜだか知らないけれど2歳10カ月の息子がお気に入り。

  • 最初にクイズがあるので、それを探しながら読み進めました。

    答えが無いのでちょっとモヤモヤしましたが、楽しい絵本です。
    Q.6がわからなかったぁ。

  • 不思議な行列。

  • 春夏冬、さてなあに?

  • 町はずれの公園を出た子どもの楽隊。傍若無人にねりあるきますが、大人はだれも気づきません。西村繁男がさそう神話的世界への入り口。

    画面から飛び出しそうな勢いの子どもたち。
    彼らについて「チータカ スーイ」と言いながら、練り歩いてみたいものです。
    クイズが用意されていますので、じっくりゆっくり、隅から隅までよくご覧になってみてください。

  • とにかく、
    「チータカ チータカ スーイ スイ」の
    フレーズが楽しいので、
    そのフレーズのまま
    一気に最後まで読めちゃいます★

    こんなお祭りもあるんだねと
    子供と話をするのもいいですね★

  • 楽しい楽しい楽しい。お話しも画面も小さな部分も、見れば見るほど楽しい。西村繁男さん大好き。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

西村繁男

「2018年 『10才のとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村繁男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
なかの ひろたか
ルース・ボーンス...
トミー=アンゲラ...
アネット=チゾン
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする