はたけうた (こどものとも絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.57
  • (5)
  • (6)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 84
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834022322

作品紹介・あらすじ

畑仕事を楽しむ中から、野菜や虫たちの応援歌が生まれました。パセリの葉陰で雨宿りをするてんとう虫。おてんとう様に思い焦がれるトマトの娘。チョイトナー、ドッコイショなどの合いの手も楽しい歌づくしの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幼稚園貸し出し
    読み聞かせは3才から
    小学校初級向き
    裏表紙に楽譜あり

    子どもが自分で選んできたわりに
    挿絵の豪快さをまだ理解できないもよう

    画面いっぱいに力強く描かれた
    花 野菜 虫
    太い線でずっしりと
    ときには細い線で繊細さを
    色も今で言う
    アースカラーというものでしょうか
    北欧っぽささえ感じてしまう

    そしてその挿絵に書かれた文は
    裏表紙の楽譜のリズムで歌うのかな
    訛り? 昔の言い回し?
    それと合いの手が入って
    これまた子どもにとっては
    へんてこりんなのだ
    それを面白いと思うか
    意味がわからなくてつまらないと思うか
    意見が真っ二つに分かれそうな絵本
    うちの子は悲しいことに後者だった
    この挿絵の良さをわかるのは
    いつになることやら
    子どものうちは
    本物そっくりに描いた方が「上手」だから
    仕方ないか

  • 娘4歳9か月、息子2歳0か月、図書館にて借り

    いまいち

  • 畑で元気に育つ野菜たちの様子が伝わってきます。

  • 3歳。ちから強さと生命感が伝わってくる絵本ですが、残念ながら息子はあまり興味示さなかったです。
    好きな子にははまるかも知れません。

  • わたしは多分そんじょそこらの都会っこより植物を知っていると思う

    たっぷりページがあった

  • S太朗5歳3カ月で読んだ本。リズムと絵が本当に素敵な本です!

  • Iちゃん1歳11カ月で読んだ本。リズムがいいので大喜び。あーちゃんに借りた本。

  • とても良い絵本。下の子は田島さんの本大好きみたいだ。

  • まぶしい原色ではなく、和の渋みのある色づかい。
    野菜が育つ季節、どんな花をもつのか、ツルになるものもあれば、土の中にもぐっているものもある。そんな勉強ができる本。
    そして、言葉のリズム感が良く、「ヨイショ」「ホレ」「チョイト」などなど、合いの手って言うのかな?それも楽しい。
    裏表紙が「はたけうた」の楽譜になってます。むすこは、しばらく鼻歌で歌ってました。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1940年大阪府堺市に生まれ、高知県で幼少期をすごす。
1967年『ちからたろう』制作。この絵本の絵によって、BIB1969第2回世界絵本原画展「金のりんご」賞受賞。1969年より東京都日の出村(当時)で農耕生活をしながら絵本制作を続け、『ふきまんぶく』講談社出版文化賞絵本賞、『とべバッタ』小学館絵画賞などを受賞。
1998年伊豆半島に移住。木の実や流木など自然物を用いてアート作品や絵本『ガオ』などを制作。
2009年、新潟県十日町市の廃校をまるごと空間絵本にした「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」を開館。
2013年より、ハンセン病回復者の国立療養施設がある瀬戸内海の大島で「青空美術館」「森の小径」「Nさんの人生絵巻」などのアート作品を制作。
2019年巌谷小波文芸賞、2021年ENEOS児童文化賞受賞。
他の絵本に『はたけうた』『くさむら』『しばてん』『ちきゅうがわれた!』『つかまえた』(サンケイ出版文化賞受賞)などがある。

「2021年 『とわちゃんとシナイモツゴのトトくん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田島征三の作品

ツイートする
×