もりのてがみ (こどものとも傑作集)

著者 :
制作 : 片山 健 
  • 福音館書店
3.82
  • (21)
  • (17)
  • (27)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834022391

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寒い冬、ひろこさんは手紙を書きました。外は寒くて遊べないので、お友達のりすととかげと小鳥たちと野うさぎそして大きなもみの木に。
    「春になったらまた遊びましょう」ひろこさんは小さな丸いお手手で一生懸命書きました。机の上には手紙を飾り付ける為の物がいっぱい。

    ひろこさんの気持ちみんなに届くかな。きっともみの木が守ってくれる。もみの木はみんなを包み込む大きな存在。

    手紙って、相手に気持ちを伝えるってこういう事なんだと思い出させてくれた、心温まる絵本。

    ひろこさんの服がまたいい。私たちが子供の頃寒い時はみんな丸々モコモコしていた(*≧艸≦)

  • 図書館本。春を心待ちにするひろこさん。春になってスミレの咲く頃、森の動物たちに会いたいと手紙を書きます。春が待ち遠しいね。

  • 2018.02 1-1

  • 片山令子・作&片山健・絵「もりのてがみ」(1990.3)、いい絵本ですね(^-^) 涙が出る程優しい世界が広がっています。読後、あたたかな余韻に浸れます。紹介いただいた読み友さんに感謝です(^-^)

  • 寒い冬に ひろこさんが りす とりなどに 手がみを書く

  • 冬向けのお話。
    大きな木を中心に展開していく物語が温かい。

  • 静かに待つ時間、幸せな時間がゆっくりと流れていて、心があたたまります。

  • なにげにいい子が、ひたすら手紙を書く。
    お返事来ずともいじけず書く。
    細かいとこまで面白い、良質なパワフル絵本です。

  • 冬から春。幼・小低向け。

  • 4分くらい。
    ひろこさんは、さむいさむい日に、リスに手紙を書きます。
    「すみれがさいたら もみのきのしたで まっています」
    とかげ、のうさぎ、ことりにも手紙を書いて、もみの木に下げておきました。
    手紙を守ってくれるもみの木にも手紙を書きました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

詩人、作家。1949年、群馬県生まれ。詩の世界に留まらず、児童文学、翻訳などさまざまな分野で活躍。絵本に『たのしいふゆごもり』『もりのてがみ』『おつきさまこっちむいて』(以上、片山健/絵 福音館書店)、「のうさぎのおはなしえほん」シリーズ(片山健/絵 ビリケン出版)、『ねむねむくんとねむねむさん』(のら書店)、『マルマくんかえるになる』(広瀬ひかり/銅版画 ブロンズ新社)などがある。

「2015年 『はるのおとがきこえるよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片山令子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
酒井 駒子
中村 牧江
A.トルストイ
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする