もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.99
  • (41)
  • (35)
  • (31)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 441
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834023152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何回もよんであげたい

  • 「はい、いいですよ」
    ライオンや象、ブタが次々にお風呂へやって来て、みんなで背中をごしごし。

    子どもの保育園で毎月購読する絵本のうち、ある時届けられたのが出会いです。
    先日、読み聞かせ講座にて、先生がおすすめする読み聞かせに向いている本のラインナップにこのタイトルをみつけ、実習としてこれを読みました。
    今度、近所の図書館で開催される読み聞かせの会で、再度こちらを読ませていただけることに。
    聞いてくれる子どもたちにも、この「はい、いいですよ」のやさしい気持ちが届きますように。

    あー、ごくらくごくらく♪

  • 2歳8ヶ月の息子。「(図書館で借りた5冊の本の中で)一番好き!」と大好評でした。
    やっぱり色んな動物が出てくるは反応がいいですね。ゴリラ、カバ、羊なんかは、他の絵本であまり見なかったので、特に嬉しそうでした。
    終盤の「ざぶーん」「どぼーん」「あー ごくらく ごくらく」は、自分で大きな声で読んでました。
    3日間くらい頻繁に読み続け、一旦ブームは去りましたが、それでもちょこちょこ読んでます。
    年齢的にもう少し早く出会っていれば、もっとはまっていたような気がします。
    https://www.ehonlog.com/books/20

  • 1歳4か月、5か月

    登録もれ。
    背中をごしごし、次々に動物があらわれて、洗ってあげる。
    わっかになって、最後はみんなでどっぼーん。
    リズムがいいので、何回か読んでほしがった。
    お風呂で同じようにごしごししてみた。

  • もりのおふろにいろんなどうぶつがやってきて、せなかをごしごし。

  • 背中を流してもらえますか?
    お風呂にやってくる動物たち。
    みんな仲良くゴシゴシ…。平和。

  • 5ヶ月
    まだ意味はわからないだろうし、面白がらないみたい。
    30.7.3

  • ライオンのすました顔が良い味だしてる。画面の隅々まで優しい雰囲気!(コレを読んで1歳10ヶ月児がお風呂に入りたくなってほしいな〜という母の下心は届きませんでした。)

  • 2018/04/19 中休み

  • H30.2.14 おはなし会 こばと学級

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。東京造形大学デザイン科卒。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。第1回日本童画大賞優秀賞受賞。絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカスはじまるよ』(福音館書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』『もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻』(偕成社)、『そこにいますか―日常の短歌』(岩崎書店)、『うんこ!』(文溪堂)、『どうぶつぴったんことば』(くもん出版)、『わらしべちょうじゃ』『いもいもほりほり』『アントンせんせい』(講談社)他多数。

「2017年 『アントンせんせい あかちゃんです』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村敏雄の作品

もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)に関連するまとめ

もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする