もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.94
  • (52)
  • (55)
  • (44)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1020
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834023152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1歳4ヶ月の子どもに読んであげました。
    「ごしごし しゅっしゅっ」と体をさすると、キャッキャ笑って楽しそうでした。

  • 動物たちがお風呂の周りで背中を洗い合う。ゴシゴシシュッシュッ。リズムがあって、繰り返しがあって、子どもたちは楽しそうに聞いている。読み聞かせにはもってこい!
    最後にザブーンとお風呂に入る瞬間は気持ちよさそうで大好き。

  • 1才11か月ごろに読み聞かせ、とても気に入ってました

    2才後半になって、ブクログの一覧をみせて色々読んだねーというと、これまた読みたいといってました。

    娘のなかで印象に残った本だったんだなと思いました

  • 1歳11か月 いろんな動物が来て楽しいみたい。お風呂って気持ちいいなーって思ってほしいけど、それは感じでてない様子(笑)

  • 2歳10ヶ月
    親はとってもいやされる。お風呂って気持ちがいいよね…。
    子供の反応はさほど。

  • 0y10m

    ゴシゴシシュッシュ、ゴシゴシシュッシュ
    お風呂でも言いながら洗ってあげてる
    少しずつ文章が長い本にしてみているが、これは飽きずに見ている

  • 3歳1ヶ月
    ◎子どもが大好きな繰り返しと、リズムのある言葉。今は動物も好きだし、気に入ってよく読んでる。0歳の時は私もこの絵本の良さを分かってなかったけど、今読むとホント良い絵本。お風呂に入るときに、一緒に「ごしごししゅっしゅ」って言いたくなる。子も最後のページを見て、書いてないけど「あーいい気持ち」って言ってて、現実と繋がってるなーと感じた。
    ただ、ゾウって書いてあるところを我が家では「ナウマンゾウって言って!」と訂正させられる。(恐竜、古生物好き)

    5ヶ月 ★★★
    まだ意味はわからないだろうし、面白がらないみたい。
    30.7.3

  • 森の奥でお風呂が沸いている。ライオンがやってきて、ごしごし、しゅっしゅっ。足を洗って、おなかを洗って、顔を洗う。ぞうがやってきて、背中を洗ってくれるように頼むと洗ってくれる。わに、ぶた、動物たちが来て、みんなで背中を洗い合って、最後はお風呂に入る。

  • 内容的には強いて言えば、なんでもない話しですが、絵のせいか子どもも大人も引き込まれる不思議な世界観。やっぱり子どもはまず絵に目がいくんですね。

  • またまた西村敏雄作品 よくある「森の動物たちが お風呂で背中を洗う。」
    それだけなのに やっぱり絵が良いんだよね。
    とぼけた感じのゆる~いライオンから始まり、最後はうさぎ。
    みんなでごしごし・しゅっしゅ・・・・・

    秋から冬に お風呂の後に読むと 子どもたちも喜ぶかな。

全80件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西村敏雄 1964年、愛知県に生まれる。東京造形大学デザイン科卒業。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。主な絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカス はじまるよ』『さかさことばで うんどうかい<新版>』『まてまて タクシー』(以上、福音館書店)、『うんこ!』(文溪堂)『アントンせんせい』(講談社)『くまくまパン』(あかね書房)『アリのおでかけ』(白泉社)などがある。第3回MOE絵本屋さん大賞、第1回リブロ絵本大賞。東京都在住。

「2021年 『バルバルさん きょうは こどもデー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村敏雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
竹下 文子
にしまき かやこ
モーリス・センダ...
エリック=カール
なかの ひろたか
石井桃子
なかがわ りえこ
三浦 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

もりのおふろ (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×