うさこちゃんのさがしもの (ブルーナの絵本)

  • 福音館書店
3.76
  • (15)
  • (16)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 356
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834023190

作品紹介・あらすじ

朝、うさこちゃんが目を覚ますと、一緒に寝ていたはずのくまさんがいません。一日中あちこち探しましたが、みつかりません。夜、泣きながらベッドに入ると…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うさこちゃんが朝起きると、だいじなくまさんがなくなっていました。あちこち探してみたけど見つからず…。でも実はお布団のなかに隠れていたのです。1才から。

  •  よかった
    泣いてしまった

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      ディック・ブルーナはデザインの勉強している時に教材になったのですが、ちゃんと読んだコトがなくて・・
      これは泣けるお話なんですね。ちょっと読ん...
      ディック・ブルーナはデザインの勉強している時に教材になったのですが、ちゃんと読んだコトがなくて・・
      これは泣けるお話なんですね。ちょっと読んでみます!
      2012/05/02
  • うさこちゃんのシリーズの中でも、かなりストーリーがしっかりしているので、少し大きい子向き。
    ぬいぐるみのくまさんか見つかった時、聞いている子どもたちも嬉しい。

  • ●読み聞かせ。
    ●そこにあるんじゃないかな、と思ったら、やっぱりそうだった。

  • 1歳1ヶ月の子どもに読んであげると、じーっと集中して最後まで見てくれます。

    まだ「楽しい」「嬉しい」といった感情の絵本しか読んだことがなかったので、「悲しい」も理解してくれたらいいなと思っています。

  • だいすきなぬいぐるみ、くまさんをさがすおはなし。1才からのうさこちゃんの絵本1のひとつ。
    わたしも幼い頃お気に入りのくまのぬいぐるみがあったらしく、ずっと持っていたとのこと。こんな出来事もあったのかなと想像しながら読みました。どの場面もかわいくて微笑ましいです。

  • うさこちゃん泣いてる……。
    もう、この表紙だけでも貰い泣きしそうです。

    朝、目を覚ますと、大切なくまさんがいなくなっている。
    泣きながら方々を探し回るうさこちゃん。
    どこを探しても、誰に聞いても、くまさんの居場所はわかりません。

    心細いよねえ。変な汗も出て来るよね、そういう時って。

    現実に「○○がなくなっちゃった」「○○をなくしちゃった」等と大人に申告したら、「ちゃんと片付けないからでしょ」なんて小言を食らいそうですが、ブルーナの世界ではそんなことありません。
    丘の上に住むおばさんに至っては、同情して一緒に涙まで流してくれるのです。優しいなあ。

    相手の悲しみを否定せずそのまま受け止める。
    その悲しみに追い打ちをかけるようなことを言わない。
    ↑こう書くと当たり前のようだけど、娘に対して全然出来ていないな私……猛省……。

  • 図書館ブルーナ追悼コーナーで娘が手に取ったので、キッズスペースで読み聞かせる。しばふでお友達に尋ねているシーンが好きみたい。そのシーンになると飽きてどこかへ行っては、もどってきてもう一度読めと催促…を何度か繰り返した。使っているガーゼハンカチの柄、この絵本の絵だったんだ!と知る。「布団に寝て→寂しくて布団に潜って→泣く」かと思っていたけど、「泣くシーンからスタート→もぐって→くまちゃん発見して泣き止む」だったのね。2017/3/31

    図書館。娘チョイス。おっチョコチョイうさこちゃん、可愛い。2020/8月
    また娘借り。2020/10月

  • うさこちゃん、ぬいぐるみをなくす、が、…
    あるあるネタが笑えた。
    ないよーないよーのところで、一緒に言ってました。

  • 978-4-8340-2319-0 25p 2008・9・20 ?

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ディック・ブルーナ 1927年、オランダのユトレヒトに生まれる。父の経営する出版社を継ぐために勉強をしつつ、同社で本の装丁や表紙デザインを手がける。国立芸術アカデミーで学んだものの、方向性の違いから退学。マティスやサヴィニャック、カッサンドルなどの作品を研究しながら、自らのデザインスタイルを確立していった。デザイナーとしてポスターなどを制作する一方、1953年に最初の絵本『de appel』を出版。その後、『ちいさなうさこちゃん』『うさこちゃんとうみ』『うさこちゃんとどうぶつえん』(福音館書店)など、100点以上の絵本を世に送り出した。2017年没。

「2021年 『ことりのぴーと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ディック・ブルーナの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 太郎
酒井 駒子
A.トルストイ
かがくい ひろし
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印

うさこちゃんのさがしもの (ブルーナの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×