ぐりとぐらのおまじない (ぐりとぐらの絵本)

制作 : やまわきゆりこ 
  • 福音館書店
3.57
  • (12)
  • (9)
  • (20)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 165
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834024609

作品紹介・あらすじ

おまじないを唱えると、あら不思議、気分爽快、元気いっぱい、困ったこともたちまち解決。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちちんぷいの…

  • リズム感がいい感じ。言葉の使い方が可愛い。

  • 小さい子に読んでほしい可愛いミニサイズ本☆

  • とてもかわいらしいおまじない満載です。

  • 「ちちんぷいのぱくっ」「ちちんぷいのかちゃ」などちょっと変わったおまじないの数々。
    苦手なものを食べられるように、約束を忘れないように、ドキドキする時に・・・
    そっと背中を押してくれるかわいらしいおまじないです。

  • ぐりとぐらのおまじないの本。
    「ちちんぷいの~」

  • 頑張ろうとしている子ども達の背中を
    そっと押してくれるようなおまじないの言葉です。
    娘は「ちちんぷいの ぷいぷいぷい」が気に入ったようです。
    3歳10ヶ月

  • 今年のクリスマスプレゼントにしよっかなー。

  • ぱっと起きるおまじない、嫌いなものを食べるおまじない

  • ぐりとぐらはあんまり出てこない(笑)

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

なかがわりえこ 札幌に生まれる。保育園勤務のかたわら、創作を始めた。1962年、童話『いやいやえん』(福音館書店)で厚生大臣賞、NHK児童文学奨励賞、サンケイ児童出版文化賞、野間児童文芸賞推奨作品賞を受賞。また1980年、『子犬のロクがやってきた』(岩波書店)で毎日出版文化賞受賞。童話に『ももいろのきりん』『らいおんみどりの日ようび』『森おばけ』『おひさまはらっぱ』『わんわん村のおはなし』、絵本に「ぐりとぐら」シリーズ、『はじめてのゆき』『とらたとおおゆき』『そらいろのたね』、エッセイに『絵本と私』(以上、福音館書店)など多数。

「2019年 『セシリ・パセリのわらべうた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかがわりえこの作品

ぐりとぐらのおまじない (ぐりとぐらの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする