魔女の宅急便 〈その6〉それぞれの旅立ち (福音館創作童話シリーズ)

著者 :
制作 : 佐竹 美保 
  • 福音館書店
4.02
  • (50)
  • (55)
  • (35)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 441
レビュー : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834024661

作品紹介・あらすじ

魔女の少女キキは、黒猫のジジといっしょに、ひとり立ちの旅に出ました。やっと見つけたコリコの町で、はじめた仕事は、空飛ぶ『宅急便屋さん』。人々の思いや願いをのせたさまざまな荷物を届けながら、キキは、よろこび、なやみ、そして成長していきます。「魔女の宅急便」シリーズ最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とうとう最終巻。時代は流れてキキはお母さんに。ニニとトトという双子の姉弟が中心の話。最後は13歳になった二人がそれぞれ旅立って行く。
    今までキキと共に物語を生きてきて、キキに感情移入していたので、子供達の旅立ちは本当に感慨深かった。
    今までの登場人物がたくさん出てきた事も嬉しく感無量。

  • この巻は、
    お母さんになったときにわかるのかな。
    ニニにいらいら。
    ニニってケケにちょっと似てる。
    トトはかわいかったな。
    母娘って難しいよね。どうしても自分の分身みたく見えちゃうんだろうな。

    もっともっと、
    キキとジジの物語を読みたいけど、
    もう終わりなのかなぁ

  • 2013.09.13読了

  • 2018/11/8(3歳)〜 寝る前の読み聞かせで読み始め。1巻の巻末のシリーズラインナップを見て、この1ヶ月ほどずっと「キキがお母さんになった本が読みたい!」と言い続けた娘へ。届いた袋を開けた瞬間、「そうそう、これが欲しかったんだよー。」って言ってて、思わず笑ってしまった。1巻の巻末を広げて、「これ(1巻の巻末)は小さくて。これ(6巻の本)は大きいから読めるね!」と見比べて嬉しそうにしていた。1巻を読み聞かせていて、話も長いし、わかっているのかな?と思ったけれど、毎晩「キキ読んで」と持ってくるし、挙げ句の果てに3周するし、相当好きなよう。全て理解しているわけではないけれど、キキやジジが色々やっている様子を聞きながらベッドでごろんとすることが幸せな様子。ついお姉ちゃんへの読み聞かせばかりになって、弟くんのための絵本読みが少なくなっている。これからは弟くんの絵本→キキ6巻でいこう。2018/11/10

    2019/3/7とうとう読了。この4ヶ月、少しずつ少しずつ、寝る前の読み聞かせに読み続けた。娘、「キキ読んで」とこの本をチョイス。何故か読まない1巻もいっしょに持ってくる。笑 この2冊とぬいぐるみのウサコを横に置いて寝て、満足そう。1巻より登場人物も多く、内容も思春期の心の葛藤が描かれていて、娘が聞くには難しそうだと思った。が、毎晩この本をチョイス。そして読み終わると同時に「もう一回読んで!」と最初から読むよう促された。内容は、きっと理解しきれてはいない。読み始めた頃はキキではなくニニやトトが主役になっていることが、訳がわからない様子だった。4ヶ月経って、ニニとトトはキキの子どもであるということが認識できたよう。2周目を読めば、更にわかる部分が増えるだろうし、このままリクエスト通り読み始めようと思う。けど…やっぱ難しいんじゃないかー??昼間はいやいやえんとその他の絵本、寝る前は魔女宅が定番化してきた。とりあえず本人が望むものを読もう。相変わらず、寝る前は弟くん用の絵本の読み聞かせができてない↓↓ 2019/3/7

  • トンボさんは、どっしりとした安定感のある父親になってますね~!
    それぞれの旅立ち、というのは双子たちだけではなく、きっとキキ達にとっても新しい生活や自分への旅立ちなのだろうなと感じました。

  • キキととんぼさんの子ども、ニニとトトが主人公。
    魔女になると決めきれないニニと、魔女になりたくてもなれないトト。

    新しい世代が、前の世代の習慣を変えていく。
    キキの心配も、とんぼさんの見守りたい気持ちも、痛いほどよく分かる。
    だからこそ、子ども2人が悩みながら、それぞれの行く道を決めて、最後に旅立つシーンは感動した。

  • 2017年10月31日

    <KIKI'S DELIVERY SERVICE 6>
      
    装丁/森枝雄司

  • これから始まるって所で終わる、
    素敵なラストだった。
    二二、トトがんばれ。

  • 「わかってる、もういわなくってもいいよ。とうさんも、かあさんもわかっているから」
    ーとんぼ

    キキはとんぼさんと結婚し双子のお母さんに。
    魔女になりたくてもなれない息子と魔女になるか悩んでる娘。それぞれが悩んで成長する。
    とんぼさん、いい父親だな〜

  • キキとトンボさんが結婚して生まれた双子の旅立ちを描いた作品。
    子供は両親から半分づつ貰って、立派に成長していく姿に安心しました。
    おすそわけが素敵です。

全93件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角野 栄子(かどの えいこ、本名 渡辺栄子)
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、結婚して退職。1960年、25歳の時に自費移民としてブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、アメリカ文学研究者龍口直太郎の勧めによって、ブラジル体験をもとに描いたノンフィクション『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家デビュー。それから7年かけて、絵本・童話の創作も始めた。
産経児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数の受賞歴がある。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。
2018年、「児童文学のノーベル賞」「小さなノーベル賞」と評される国際アンデルセン賞作家賞を受賞。代表作の『魔女の宅急便』シリーズ、『トンネルの森1945』が受賞声明で言及されていた。

魔女の宅急便 〈その6〉それぞれの旅立ち (福音館創作童話シリーズ)のその他の作品

角野栄子の作品

魔女の宅急便 〈その6〉それぞれの旅立ち (福音館創作童話シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする