かん かん かん (0.1.2.えほん)

  • 福音館書店
4.11
  • (71)
  • (40)
  • (38)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 951
感想 : 68
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834024807

作品紹介・あらすじ

不思議な踏み切りの「かん かん かん」というリズミカルな音に導かれ、遮断機の向こうを、食べもの列車、自動車の列車など、色々な列車が通ります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きです。最後のページがとくに。

  • 1歳の娘がいちばん好きな本

  • 2y5m
    親の方が読みたかったやつ。
    普通の電車絵本かと思ったら
    写真のモチーフ絵本だった!
    ミニ小鉄だけど、反応はイマイチ。

  • 生後7ヶ月
    踏切の音が好きなのか、かんかんかん
    で笑います。
    絵もいろんなものを使って動物や猫を表現しており、可愛らしい

  • 人形劇のよう。
    前座でペープサートでやってもおもしろそう♪

  • 身近な物をコラージュして作られたページは見るだけでも楽しめる。子どもと一緒に「こんなところに鉛筆があったよ!」などと言いながら探すのも楽しい。繰り返される「かんかんかん」という言葉と、いないいないばあが幼い子供は大好きです。慣れてくると「かんかんかん」と自分で読んでくれる子もいます。いないいないばあ系の絵本は、0-1歳さんに1冊は持っていて良いと思います。

  • 写真を使った絵本。
    黒が背景となっており、色鮮やかに見えるのが良いかなと思った。

    ■0歳3ヶ月
    見はするけれど、あまり反応は芳しくない。泣いているときには見ない。

  • 1歳5ヶ月
    かんかんかんの音が好きなようでよく読んでもらいたがります

  • 7ヶ月〜10ヶ月
    児童館に置いてあり、私がハマってしまいました。手作りおもちゃの写真で踏切と列車を表現しています。音も読みやすくて楽しくなります。息子はまだ興味ありませんが、なんとか好きになってくれないかと願っています。

  • 気に入っていた。

全68件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

のむらさやか のむら さやか1972年、新潟県生まれ。帯広畜産大学卒業。出産を機に絵本を書き始める。文を担当した作品に、『これ なーんだ?』(「こどものとも0.1.2.」2006年1月号、品切れ)がある。石川県在住。

「2010年 『かん かん かん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

のむらさやかの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
にしまき かやこ
酒井 駒子
かがくい ひろし
竹下 文子
三浦 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

かん かん かん (0.1.2.えほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×