おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
3.97
  • (123)
  • (118)
  • (105)
  • (9)
  • (3)
本棚登録 : 2623
感想 : 151
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834025552

作品紹介・あらすじ

今日は野菜たちのマラソン大会です。「そらまめそろってマラソンさ」「りっぱなパセリはつっぱしる」などなど、韻を踏んだ言葉とユーモアがたっぷりの絵が楽しい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4歳になった息子がひさしぶりに本棚から出してきました。
    我が家のヒットフレーズは「かぼちゃのぼっちゃん、かわにぼちゃん」です!(*^^*)

  • 野菜たちのマラソン大会。
    もちろんダジャレつき。

    もう、絵がたまらなくかわいくて、この本を手元に置いておきたい。
    ついついグッズはないかと探してしまった。

    子供たちも、これはさっき食べたブロッコリーだよーとか、
    突然ダッシュしたのはラディッシュと言ってね、赤いけど大根の友達だよとか、
    なんで白菜は最後に抜かれちゃったんだろう?などと、ワイワイ楽しんで読めた。

    この本を読んだらトマトが食べたくなったんじゃない?と娘に聞いてみたら、
    んなわけない!と返された母であった。

  • 子供と読みました
    かぼちゃのところが、とっても面白くて2人で笑いました!

  • 3y8m
    昨年冬ごろ、「おやおやおやさいよみたいー!」とせがまれて新品購入。おやおやおやさい。言葉遊びが楽しい。暗記して一人で読んでいた。

  • 保育園で勧められた絵本のサブスクを検討してる時に、絵本研究家?さんが紹介してた本で、ダジャレが子供に聞き取りやすいかな、と思って中古で購入。そのうち実際食べてる野菜と繋がるといいな。

  • 小学2年生に読み聞かせしました。
    子どもたち、「ダジャレか」と言ってましたが、クスクス笑ったかと思ったら、シーンと場が凍りついたりしました。

  • 2y9m
    ことばあそびと食育みたいな絵本
    保育園で読んでもらってるようで、最近家でよく言っているセリフがたくさんあった
    きんにくむきむき、かぼちゃのぼっちゃん、えのきのあにき、などなど

  • 1歳の娘が、この本で野菜の名前をたくさん覚えました。かぼちゃが川に落ちるくだりが好きみたいです。
    どこでどう順位が入れ替わっているのか、遡って観察するとまた面白い!

  • どの野菜が1位になるか予想すると楽しく読めます!

  • 韻を踏んだ音遊びの絵本。こういう絵本は数少ない気がします。シリーズ三作のなかでもっともゴロがよく、絵も色彩が豊かで躍動感があります。ラディッシュなど、自宅での登場頻度の低い野菜の名前も覚えられます。おすすめ。

全151件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

石津ちひろ 1953年、愛媛県生まれ。早稲田大学仏文科卒業。絵本に絵本に『くだもの だもの』『おやおや、おやさい』『おかしな おかし』(以上、福音館書店)、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)、翻訳絵本に「リサとガスパール」シリーズ(ブロンズ新社)、詩集に『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)など。東京都在住。

「2019年 『くだものだもの おやおや、おやさい おかしなおかしセット(3冊)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石津ちひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
エリック=カール
モーリス・センダ...
三浦 太郎
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×