おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

著者 :
制作 : 山村浩二 
  • 福音館書店
3.97
  • (61)
  • (57)
  • (51)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 688
レビュー : 82
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834025552

作品紹介・あらすじ

今日は野菜たちのマラソン大会です。「そらまめそろってマラソンさ」「りっぱなパセリはつっぱしる」などなど、韻を踏んだ言葉とユーモアがたっぷりの絵が楽しい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ2作目は野菜のマラソン大会。
    おなじみの野菜から珍しい野菜までがたくさん登場します。
    ゴール前で白菜が照れている間に追い抜かれるところが面白いです。

    「かぼちゃのぼっちゃんかわにぼちゃん」で大笑い。(長女4歳)

  • わたし自身が子供の頃、白菜とキャベツの差がわからず…。子供がやさいの名前を楽しく覚えられる本。4歳の娘は全問正解!

  • 語呂とかリズム感に関しては興味はあるみたいだけど、
    あまり食いつきは良くない。

  • 今度はおやさいのシリーズ。夏にもいいですね。

  • おはなしの散歩道~7月~

    同じビルで野菜をメインにしたレストランがミニマラソンをするという企画を聞いたので、勝手にコラボ。
    他愛のない野菜達のマラソン風景ですが、野菜の描き方があまりデフォルメされていないので、美味しそうです。
    まぁ目や手足は書かれているんですけど。
    言葉も韻を踏んでいるのでリズミカルです。
    読み聞かせにもいいかも。

  • 4ヶ月
    絵も見るし、音も気になってるみたいだった。
    韻をふんだりしてるから、言葉がわかるようになったら、もっと面白いかも。
    30.5.13

  • ・姉のおさがり
    ・9ヶ月〜

  • 運動会に色々な野菜たちが出場!
    テンポよくダジャレ?が入り、子供も野菜に興味を持てる絵本で息子お気に入りです。

  • いろんな野菜のマラソン大会。じわじわっと出てくるとうがらしが面白い。ダジャレ交えて読んでる親も楽しいです。(1歳3ヶ月)

  • 韻を踏んだ音遊びの絵本。こういう絵本は数少ない気がします。シリーズ三作のなかでもっともゴロがよく、絵も色彩が豊かで躍動感があります。ラディッシュなど、自宅での登場頻度の低い野菜の名前も覚えられます。おすすめ。

全82件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著書『あしたうちにねこがくるの』で日本絵本賞受賞。訳書に「リサとガスパール」シリーズなど。

「2018年 『はじめてのがっこう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)のその他の作品

石津ちひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
なかの ひろたか
にしまき かやこ
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする