おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
4.01
  • (97)
  • (89)
  • (77)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 1707
レビュー : 114
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834025552

作品紹介・あらすじ

今日は野菜たちのマラソン大会です。「そらまめそろってマラソンさ」「りっぱなパセリはつっぱしる」などなど、韻を踏んだ言葉とユーモアがたっぷりの絵が楽しい絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お野菜の絵がかわいい。お話も面白い。

  • 1歳の娘が、この本で野菜の名前をたくさん覚えました。かぼちゃが川に落ちるくだりが好きみたいです。
    どこでどう順位が入れ替わっているのか、遡って観察するとまた面白い!

  • どの野菜が1位になるか予想すると楽しく読めます!

  • 韻を踏んだ音遊びの絵本。こういう絵本は数少ない気がします。シリーズ三作のなかでもっともゴロがよく、絵も色彩が豊かで躍動感があります。ラディッシュなど、自宅での登場頻度の低い野菜の名前も覚えられます。おすすめ。

  • シリーズ2作目は野菜のマラソン大会。
    おなじみの野菜から珍しい野菜までがたくさん登場します。
    ゴール前で白菜が照れている間に追い抜かれるところが面白いです。

    「かぼちゃのぼっちゃんかわにぼちゃん」で大笑い。(長女4歳)

  • 1歳9ヶ月
    野菜達がマラソンする話。ちょっぴり親父ギャグ?要素もあり読んでて楽しいです。他の絵本には出てこないような色んな種類の野菜が登場するので、子供も興味をもって野菜の名前を知りたがります。

  • 「おかしなおかし」に引き続きシリーズで読んでみたいと思い購入
    こちらも小気味のいい言葉のリズム遊びが楽しかったです。

  • 2歳1ヵ月

  • リズムが良くて読みやすかった
    息子より私が気に入った

  • 2歳9ヶ月
    絵本の紹介などでよく見かけるシリーズ。
    子供の反応は、星3つ、な感じ。

全114件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年、愛媛県生まれ。絵本作家、翻訳家、詩人。『なぞなぞのたび』(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展賞、『あしたうちにねこがくるの』(講談社)で日本絵本賞、『あしたのあたしはあたらしいあたし』(理論社)で三越左千夫少年詩賞を受賞。猫と植物と散歩が好き。

「2021年 『こねこの きょうだい かぞえうた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石津ちひろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
なかの ひろたか
かがくい ひろし
三浦 太郎
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

おやおや、おやさい (幼児絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×