もうすぐおしょうがつ (こどものとも絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.79
  • (13)
  • (16)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834025873

作品紹介・あらすじ

冬休みにおじいさん、おばあさんの家でお正月を迎える家族のおはなし。準備の様子やお正月を心待ちにする家族の様子を描きます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 実家に帰省した動物たちが、
    家族みんなで新しい年を迎える準備をします。
    大掃除やおせち作りにお正月の用意、
    日本古来の新年の迎え方を、
    動物たちを通して丁寧に描いた絵本です。
    日本の古き良き時代を醸し出すイラストには心が温まります。
    子どものころ感じた、年末からお正月にかけての
    ドキドキワクワク感を思い出させてくれます。

  • 「福笑いってなに?」(S9)
    年末に読もうと予約していたら年明け1番に届く。
    とりあえず大晦日の記憶が新しいうちに読めてよかった。

    ひろくんとゆうちゃんがおじいさんとおばあさんのうちに遊びに来て、お正月の準備のお手伝い。
    大掃除、お餅つき、買い出しに御節の準備。
    ただ我が家では31日にお飾りを飾るのは「一夜飾り」って言ってしないんだけど。地域的なもの?
    そしていっつも食べそこなう「年越しそば」、やはり夕飯に食べるよね。
    実家ではそうだったけど、なんでか年を越しながら食べるという無茶なことに。眠くてそれどころではなく毎年食べ損なってる。
    地域的なもの?
    いつも年末って慌ただしいけど、新年を迎える気持ちが盛り上がって良い感じ。

    • 円軌道の外さん

      遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

      確かにお正月行事や
      年越しそばなんかも
      地域性がありますよね(^^)

      ...

      遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

      確かにお正月行事や
      年越しそばなんかも
      地域性がありますよね(^^)

      というか、家によってかなりマチマチなのかな(笑)

      うちはいつも晩飯を早めに食べてから
      年が開ける直前にお蕎麦を食べてました(笑)

      結構お腹いっぱいやったりするんやけど、
      子供の頃は年が開けることと
      遅くまで起きていていいことにワクワクして
      頑張って食べてたなぁ(^^;)

      ということで
      今年もよろしくお願いします!

      楽しいレビュー期待してます♪

      2014/01/12
    • だいさん
      年越しそば
      私の家でも、夕食をしっかり食べてから、
      「紅白」見ながら、そば食べていました。
      年越しそば
      私の家でも、夕食をしっかり食べてから、
      「紅白」見ながら、そば食べていました。
      2014/01/13
    • shuwachoさん
      コメントありがとうございます!
      毎年大晦日のニュースでお蕎麦屋さんが混みあってる映像が流れますよね。
      それをみると「年越しそばって年越す...
      コメントありがとうございます!
      毎年大晦日のニュースでお蕎麦屋さんが混みあってる映像が流れますよね。
      それをみると「年越しそばって年越すときに食べないと意味がない!」と家の人たちが言い始めるんですよ。
      実家では違ったので、そうなの?どうなの?と思ってきましたが、やはり「年を越しながら食べるもの」なのですか!
      (^ω^)!
      もう20年近くも年越しそばを食べてないもので、真夜中の蕎麦って無理があるよなあ。と思ってきました。
      子供が大きくなったら我が家も年越蕎麦が食べられるのかな。
      いや、でも私、夜弱いんです。
      お蕎麦の準備できるかな・・。

      本年もどうぞよろしくお願いします~!!
      2014/01/14
  • 1989年12月の『月刊こどものとも』収録作品をハードカバーにしたもの。おそらく大阪市の南部が舞台だろう。大掃除や鏡餅づくりなど、当時としても既に過去のものになりつつあったであろう年末の過ごし方が記録されている。なお、登場するのは動物だが、なぜか1頁だけ人間が紛れて登場する。作者の遊び心だろうか。

  • **********
    「年末年始」に。

  • 祖父母宅で過ごす年末年始の様子を描いた絵本。慌ただしく懐かしい雰囲気。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

    この絵本は、点図が豊富に挿入されています。
    家族の人や先生と一緒にお楽しみください。

  • 【読み聞かせ用】犬の一家が年末に帰省し、故郷でお正月を迎えるという内容。文字のない絵本「お風呂やさん」を娘が気に入ったので、同じ作者の西村繁男さんの絵本を借りて来た。これも気に入ったらしいです。

  • 昔、正月に母の実家に泊まって、従兄弟たちと遊んだことを思い出した。

  • 読み終わって なんで靴履いてないの?って聞かれました。。
    確かに 洋服は着てるのに、靴は履いてない 笑

  • 一昔前の日本の姿を人を動物にして描いた絵本。
    お正月を迎える準備がとてもわかりやすいです。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1947年高知県生まれ。セツ・モードセミナー卒業。絵本に『絵で見る日本の歴史』〈絵本にっぽん大賞〉『絵で読む広島の原爆』〈産経児童出版文化賞〉『やこうれっしゃ』『おふろやさん』『ことばあそび絵本 あからん』(いずれも福音館書店)『にちよういち』〈児童福祉文化賞〉『なきむしようちえん』(いずれも童心社)『じごくのラーメンや』〈けんぶち絵本の里大賞びばからす賞〉(教育画劇)など多数。

「2018年 『とろ とっと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村繁男の作品

ツイートする