おおきい ちいさい (0.1.2.えほん)

著者 :
  • 福音館書店
4.17
  • (23)
  • (25)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 240
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834026818

作品紹介・あらすじ

思いもかけないユニークな形、鮮やかな色彩の大きい丸と小さい丸、大きな四角と小さな四角、不思議な大きな形と小さな形。いろいろな形の大小を、「おおきい ちいさい」のくり返し、鮮やかな色と形の抽象画で見せていきます。日本のモダンアートの第一人者が見せる不思議で愉快な抽象画絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは小さい子には鉄板!2歳までと書いてあるけど、自分で読めるようになったくらいの歳の子も楽しんで読みます。

    きっと「おおきい」がお母さんで、「ちいさい」が自分だね。幸せな時間。

  • 2歳4か月読了。
    この作者独特に不思議な感じが楽しい本。
    読み方を変えながら、一緒に笑いながら読みました。
    「小さい声」が理解出来るというおまけ付きでした。

  • 娘が生まれて始まて大ハマりした本!何十回も繰り返し読まされる。「ちいさい」を小声で読むと大ウケ。

  • おおきいちいさいの読み方のバリエーション。ひらがな練習にもちょうど良かった。

    C8795
    3歳9か月。
    6ヶ月。

  • 支援センターで借りた

  • 1:7 名作と言われる本にはやっぱり魅力があるんだなあ。不思議な形、大小の繰り返し、でも釘付け。

  • 2016.5
    2016.11 さらに気に入った様子。一緒にいろんな「おおきい」「ちいさい」を声に出す。

  • しっかり一緒に見て、一緒に指差し。
    モコモコ…でお馴染み、この絵柄はほんとに不思議で、娘も惹きつけられています、興味津々。
    読み方を工夫しながら楽しめます。

  • もこもこに絵が似てるのでいいかと思ったけど、興味が無いみたい。大きい小さいが分かるようになったら楽しめるのかも。

  • おおきい・ちいさい だけの言葉なのに、小さい子どもたちは同じように言ったり、指さしたり喜んで聞いてくれました。

全23件中 1 - 10件を表示

元永定正の作品

おおきい ちいさい (0.1.2.えほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする