あいうえおみせ (安野光雅の絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.78
  • (11)
  • (13)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 162
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834026917

作品紹介・あらすじ

あめや、いしやきいもや、うんそうや…いろいろなお店が「あいうえお順」と「いろは順」で並んでいます。さて、どんなお店があるのかな?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013.08.30読了

  • 図書館で借りた

  • ◆きっかけ
    あいうえお 絵本 オススメ でググって出てきたブログで紹介されていて。2017/4/22

  • 仕事への興味が高まる時期と、ひらがなへの興味が強まる時期が重なり合っている年代にぴったりの一冊。
    文字が少なく、絵とリンクしているから読み聞かせで見るよりも子どもだけで黙々と見れるのがいい。

  • いろはにほへと…、たのしい絵本♪

  • 978-4-8340-2691-7 27p 2008・7・1 ?

  • 50音といろはで始まるいろんなお店が、安野さんのタッチで描かれている。今では見なくなったようなお店も並んでいてなかなか楽しい1冊。

  • 上は あいうえお順、下は いろは順。最後には尾店の品物ばかりの絵があるので、どのお店にあるか探す楽しみもあり。

  • 子供ももちろん大人がこっそり楽しむ本。こまごまと描かれている。

  • 上段は「あいうえお」順、下段は「いろは」順にいろんなお店が描かれています。中には懐かしいお店や、そんなお店あるのか?といったユーモアのあるお店まで。
    安野さんらしい色使いと絵の上手さ、かわいさが好きです。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

安野 光雅(あんの みつまさ)
1926年、島根県津和野町に生まれる。BIB金のリンゴ賞(チェコスロバキア)、国際アンデルセン賞、講談社出版文化賞、菊池寛賞などを受賞。1988年紫綬褒章を受章し、2012年文化功労者に選ばれる。
主な著作に『ふしぎなえ』「『旅の絵本』シリーズ(全8巻)」(福音館書店)、『本を読む』(山川出版社)、『小さな家のローラ』(朝日出版社)などがある。いまなお『旅の絵本Ⅸ』、『いずれの日にか国に帰らん』など新刊を続々刊行。ほかにも多くの書籍の装丁を手がける。
2001年、津和野町に「安野光雅美術館」、2017年、京丹後市の和久傳の森に「森の中の家 安野光雅館」が開館。

安野光雅の作品

あいうえおみせ (安野光雅の絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする