中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

  • 福音館書店 (2012年3月10日発売)
4.00
  • (29)
  • (51)
  • (26)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :475
  • レビュー :59
  • Amazon.co.jp ・本 (30ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834026979

作品紹介

椅子、貯金箱、鉛筆、ボールペン、身近にあるものをX線写真を使って透かして見ると…。想像力を刺激する絵本。

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ピタゴラスイッチ」の「ピタゴラ装置」「10本アニメ」を考えているグループの人達作成の本です。

    身近なものの外観から中身を想像する写真絵本です。
    次のページにX線で撮影した正解が現れます。
    直接的な想像力を膨らませる絵本で 子ども達も入り込みやすいようです。

    想像させる時間をどれくらい取るかで 1冊を読み終える時間の調節が出来ます。
    長い読み物と組み合わせるとバランスがいいと思います。

  • さすがピタゴラスイッチである。

  • [墨田区図書館]

    登録しようとして、やっと気づいた。「中をそうぞうしてみよう」じゃなくて、「~してみよ」なんだ!!なんかこういう絵本系なら柔らかい語りかけ口調になるのが普通なのに、登録時にやっと気づいたとはいえ、この命令口調の題名からして、変わった切り口だったんだわ、、、

    著者の一人?である、「ユーフラテス」という不思議な名前と、NHKの教育番組的な、いすなど身近なもののX線画像を提供してくる、ありそうでこれまでなかった斬新な切り口の作風が気になって検索してみると、、、、

    あ。ピタゴラスイッチを制作している人?そうでなかったとしても関係者??そしてこの本は、かがくのとも絵本なんだ、表紙絵にはおしゃれに"knowig how"って書かれているけど(笑)

    とりあえずピタゴラスイッチがらみの三冊と、かがくのともがらみの残り二冊も読んでみよう。

  • 4:04

  • 小学4 読み聞かせウケた。

  • 図書館で借りて読み。
    佐藤雅彦(ユーフラテス)の本なので。

    「くぎがいっぱいだー!」と言っていた6歳児F。

  • 最近身近にないものばかり。
    C8740
    蔵書

  • 幼稚園入る前くらいの好奇心旺盛な頃に
    読んであげたいなぁ
    ページをめくるのが楽しみな本
    ちょっとがっかりしてしまったのは
    本を読もうと持った時後ろを見てしまったこと
    表紙から見ることをお勧めします

  • ☆4.3
    視覚的に隠れている部分を理論的に想像して考える良質な本。

全59件中 1 - 10件を表示

佐藤雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダニエル カーク
酒井 駒子
かがくい ひろし
レミー チャーリ...
加藤 休ミ
佐藤雅彦
長谷川 義史
中村 牧江
ヨシタケシンスケ
川端 誠
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)に関連するまとめ

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする