がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.74
  • (45)
  • (58)
  • (67)
  • (6)
  • (4)
本棚登録 : 1104
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834027136

作品紹介・あらすじ

赤ちゃん絵本『がたんごとんがたんごとん』の続編。汽車はがたんごとんと海辺を走ります。波はざぶんざぶんと浜辺に打ち寄せます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前作「がたんごとん がたんごとん」の次巻。夏Ver?
    前作と違う点は「ざぶんざぶん」という新しい擬音が加わっているところ。展開は前作と同じ。電車がやってきて、色々なものが乗車します。

  • がたんごとん!で体を左右に揺らし
    ざぶんざぶんで体を縦に揺らしてあげると
    喜んだ♪♪

    まだ絵本の内容にはくいついてない
    気がする。。。これからかな。1才3ヶ月の冬。

  • 『がたん ごとん がたん ごとん』(1987年初版発行)の続編。

    海辺を走る汽車に乗ってくるのはアイスやスイカ、麦わら帽子など。
    前作の緑に波の青が加わって夏らしい絵本になっています。

  • 前編(?)「がたん ごとん がたん ごとん」が大好きだった子供たちは、この本を見つけたとたん大喜び。中も見ずに、タイトルを大声で言いながら、けらけら笑っていた。

  • 「がたんごとん がたんごとん」の続編が出ていると知って、すぐに図書館にリクエストして入手しましたが、色々と他の本もあって読むのは延び延びに。やっとお友達とのお勉強会で読めたのですが、やはりこの本(シリーズ)はいいです。

    前作「がたんごとん がたんごとん」と、絵柄もコンセプトもストーリーも、シチュエーションが海で、アイテムが海関係のものという以外は、殆ど全く同じ作り。でもそのシンプルさが子供達には受けるんだと思います。

    途中あるお友達が岩をさして、「これ何?なんでここにあるんだろうね?」大人目線から言えば、「海にある岩でしょう、海らしさを出したかったのでは?」といったくらいで疑問にすらならないのですが、いざ質問されると確かに、「なぜ(作者は"ここ"に"岩"を描いたのか)??」といった感じ。子供目線は奥深いな、とまた一つ面白かったです。

  • あまり反応はないけど、じーっと熱心に見ている。(0歳8か月)

  • 1歳1ヶ月。
    がたんごとんがたんごとんが大好きで、この本も大好き。
    電車に乗っているように、体を揺らしながら本読みを聞いている。

  • 夏バージョン

  • がたんごとん夏ver。
    絵が可愛い、語呂が良い。

  • 「がたんごとんがたんごとん」の夏バージョン!私が大好きな絵本です。大好きなスイカが出てきます。今日も家族皆でスイカを食べました。お父さんやお母さんのお膝の上でこの絵本を読んでもらうのが好きです。

    1歳5ヵ月

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イラストレーター。1942年、東京都生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。電通、平凡社などを経て独立、フリーのイラストレーターとなる。朝日広告賞、毎日広告賞など受賞多数。広告、装幀、漫画、小説、エッセイ、翻訳など多方面で活躍。著書に『アマリリス』『荒れた海辺』(小説)『魚心なくとも水心』『ちいさな城下町』(エッセイ)『真夏の航海』(トルーマン・カポーティ著/翻訳)『がたん ごとん がたん ごとん』(絵本)など。2014年3月逝去。

「2018年 『東京美女散歩』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安西水丸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
なかがわ りえこ
かがくい ひろし
エリック=カール
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印

がたんごとん がたんごとん ざぶんざぶん (福音館あかちゃんの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×