クリスマスのりんご (世界傑作童話シリーズ)

制作 : 上條 由美子  上條 由美子  たかお ゆうこ 
  • 福音館書店
4.06
  • (5)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834027488

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほんと、かわいらしいお話集でした。
    ほわん。って頬がゆるむよな。

    「ふしぎなクリスマス」
    「小さなモミの木」
    「人形の家」
    が、スキです。
    いや、9つのお話、どれもよいのですが……

    クリスマスのお話って、どれも心をあったかくしてくれるものばかり。だから、そばに置いておきたくなるのかもしれないなぁ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「どれも心をあったかくしてくれる」
      とっても良さそうですね。この本は読まなきゃ!
      ベタでしクリスチャンでもありませんが「クリスマス・キャロル...
      「どれも心をあったかくしてくれる」
      とっても良さそうですね。この本は読まなきゃ!
      ベタでしクリスチャンでもありませんが「クリスマス・キャロル」が好きなんです。
      2012/12/05
    • さとさん
      コメント、ありがとうございます。
      あったかくなれると思いますよ。ぜひ。
      コメント、ありがとうございます。
      あったかくなれると思いますよ。ぜひ。
      2012/12/07
  • 小学校中学年から。さほど宗教性は高くない。

  • クリスマスにふさわしい話だわー

  • クリスマス前に借りていた本を、ようやく読み終わりました。

    自分で読むなら中学年、といったところでしょうか。内容は低学年ものだと感じます。

    創作昔話で、宗教的、道徳的なお話ばかりです。
    基本的に、創作昔話は嘘っぽくて嫌いなのですが、それでもしっかりしたお話が多かったので、嫌にならずに読めました。

    残念なのは挿絵。
    日本人の絵で、漫画チックで風情を消してしまっています。こういうパターンに出会うと、原書の挿絵はどうだったんだろうと知りたくなります。

  • 新品同様です!

  • いいお話ばかり
    これはいいな〜

    クリスマスのお話9こ

    「小人とくつ屋のむすこたち」超貧乏な兄弟が留守番してるところに横暴な小人がやってきてやさしさを試す話

    「ふしぎなクリスマス」おじいさんとお世話する男の子が動物たちに親切にしてあげてたら寒波で死にそうなときに助けてくれる話

    「クリスマスのりんご」やさしい時計作りのおじいさんが教会に贈る時計を子どものために売ってしまってリンゴを持って行ったら奇跡がおきた話(「クリスマスのかね」と似てるっちゃ似てる。教会に贈り物する風習ってあるんだね)

    が泣ける。いい話

    「人形の家」は忘れ去られた人形たちがクリスマスのお祝いをする話。ちっちゃくてかわいい

  • クリスマスのお話9話。

    最初はサクサク読めたんですが、途中でちょっと飽きてしまいました。
    クリスマスの日まで毎日少しずつ読むのが理想的な読み方なんでしょうね。
    挿絵はカラーのところもあってとてもカワイイです。

  • The Christmas Apple stories for christmas

    砂糖ネズミときょうだいネズミ ルース・エインズワース
      Ruth Ainsworth) 1908年、イギリスのマンチェスター

    納屋のくりすます F/アーンステイン F.Arnstein
     http://schoolhouseteachers.com/wp-content/uploads/2012/11/HOAC-December-Lesson-Week-One.pdf

    小人とくつ屋のむすこたち メリー・B・パルヴァー再話 Mary B. Pulver
      

    ふしぎなクリスマス ルース・エインズワース

    大きな白い子ネコ リーラ・バーグ再話 Leila Berg

    あるクリスマスのお話 ヘレン・クレア Helen Clare

    小さなモミの木 アリソン・アトリー Alison Uttley

    クリスマスのりんご ルース・ソーヤ再話 Ruth Sawyer

    人形の家 アリソン・アトリー


    このラインナップをみただけで、OKだろうな~と予想はつくものの、
    読んでみると、それ以上にいい!!

    子ども時代にはこういうお話を聞いたり、読んだりするべきなのだと思った。
    そのお話も、清く正しく美しい。
    よい行いには、それに見合うお返しがある
    そうでなければ、それはちゃんと見ていてくれる人がいる
    見ていてくれなくてもよい行いをするよう、自分を育てられるようなお話ばかり。

    温かい気持ちになれる一冊。

    そしてどうしてクリスマスにはりんごなのかというと~
    http://members.jcom.home.ne.jp/catalinahy/navi_arbol.html

  • おはなしが9つ。クリスマス前に1話ずつ読んだら楽しいかも。

全10件中 1 - 10件を表示

ルース・ソーヤーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
ヨシタケシンスケ
酒井 駒子
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
ポール・フライシ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする