サム、風をつかまえる (世界傑作童話シリーズ)

  • 福音館書店
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834027549

作品紹介・あらすじ

元気いっぱいのこぶたのサムが活躍する、「おめでたこぶた」のシリーズ第2巻。ある日、サムご自慢のズボンが、風にさらわれて飛んでいってしまいます。サムはズボンをとりもどそうと必死で追いかけますが・・・・・・。この「サム、風をつかまえる」をはじめ、バラエティーに富んだお話を全部で6話収録しました。長い眠りから目を覚ました龍や、アイルランドから来た干し草つくりの三人組、それに靴つくりの妖精レプラコーンも登場します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • グレイラビットシリーズが楽しすぎたので、続けて読んだのですが、可愛らしい絵からは想像がつかないような展開が多く、怖がりな娘には、「怖すぎる」ようでした。だましだまし、2巻まできましたが、もう、3巻に進むのは難しそうです。

  • こぶたのサムのズボンは、あちこちつぎ当てだらけで、もとのズボンがどこだかわからないくらいです。しかもそのつぎ当ての中に、なんとネズミの一家を飼っていたものですから、ねえさんのアンは新しいズボンを作ることにしました。みんなで作ったそのズボンはとてもステキな出来ばえで、動物たちも鳥も集まって来てはほめてくれます。ところがそのズボンが風にさらわれて…。
    気のいいサムの冒険は、結構ハード。ハラハラさせて、どうなるかと思ってたら、実にうまく収まります。どのお話も楽しい!
    読んでもらったら5歳ぐらいからOKです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

アリソン・アトリー 1884年、イギリスのダービシャー州の古い農場に生まれる。広い野原や森で小動物とともにすごした少女時代の体験をもとに、多くの物語やエッセーを書いた。日本語に翻訳された作品に『グレイ・ラビットのおはなし』『時の旅人』(以上岩波書店)、『チム・ラビットのおはなし』(童心社)、「おめでたこぶた」シリーズ、『むぎばたけ』『クリスマスのちいさなおくりもの』『ちゃいろいつつみがみのはなし』(以上福音館書店)など多数。1976年没。

「2020年 『はりねずみともぐらのふうせんりょこう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アリソン・アトリーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ダイアナ・ウィン...
F.エマーソン・...
パット ハッチン...
ドン・フリーマン
R・J・パラシオ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×