クリスマスの三つのおくりもの 全3冊 (日本傑作絵本シリーズ)

著者 :
  • 福音館書店
4.04
  • (18)
  • (13)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 167
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784834030303

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 実家にあった本。
    小さなサイズと可愛らしい絵が好きで、12月に読みたい3冊セット。

    「ふたつのいちご」
    「サンタクロースとれいちゃん」
    「ズボンのクリスマス」

  • ★ふたつのいちご
    ★サンタクロースとれいちゃん
    ★ズボンのクリスマス

  • れいちゃん、もっくん、かすみちゃんのクリスマス。
    可愛い!
    とにかく可愛い!

  • 2013クリスマス 花、桃
    2015クリスマス 仁香

  • 「ふたつのいちご」「サンタクロースとれいちゃん」「ズボンのクリスマス」の3冊セット。
    かすみちゃんとれいちゃんともっくんの兄弟のクリスマスに関するちょっと不思議な、けどとても可愛らしいお話です。
    トゥーゴがクリスマスを理解するきっかけにもなった気がします☆
    (3歳10ヶ月)

  • 3人の物語。
    3人がそれぞれの本で主人公になっている。
    かわゆし。

  • 3つのお話が出てくるんですが…出てくる子供が3兄弟なんです。
    そんな事にまで、ちゃんと子供は気付くんですよね…
    林明子さんの本の、あちらこちらに、細かい部分で発見があって…
    『はじめてのおつかい』も、お話もさる事ながら、そんな隠れた部分を見つけるのが、子供は楽しかったり。
    3つの…は、なんとも可愛い絵本です。
    本自体が、小さいから余計にそう思うのかも(笑)。 by かあちゃん

  • 林明子さんのイラストがとってもかわいい。3人兄弟それぞれのクリスマスを描いた小さなサイズの絵本。私は弟くんのお話「ズボンのクリスマス」が好き。上の娘はお姉ちゃん編の「ふたつのいちご」、下の娘は妹編の「サンタクロースとれいちゃん」が好き、とそれぞれのお気に入りがあっておもしろい。

  • この本は大人の手のひらに乗りそうな小さな絵本が、3冊セットで入っているクリスマスの絵本です。もっくん、かすみちゃん、れいちゃんと言う三人兄弟にまつわるクリスマスを1冊ずつにしたメルヘンたっぷりの本です。うちの息子のお気に入りは「サンタクロースとれいちゃん」です。プレゼントを待ちきれない末っ子のれいちゃんが、外にサンタさんを探しに行くお話です。林明子さんの絵はやっぱりステキですね。

  • クリスマスにいただいた本。兄弟三人の一人一人のクリスマスのストーリーが一冊になった絵本です。素敵でやさしい絵本です

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

林明子 1945年、東京に生まれる。横浜国立大学教育学部美術科卒業。絵本に『こんとあき』『はじめてのおつかい』『おでかけのまえに』『でてこい でてこい』『きょうはなんのひ?』『おふろだいすき』『はっぱのおうち』『ぼくのぱん わたしのぱん』「くつくつあるけのほん」全4冊(以上、福音館書店)などがある。長野県在住。

「2017年 『ひよこさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

林明子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
にしまき かやこ
トミー=アンゲラ...
エリック カール
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

クリスマスの三つのおくりもの 全3冊 (日本傑作絵本シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする