ふしぎな にじ (福音館の単行本)

  • 福音館書店
3.95
  • (16)
  • (28)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 350
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834081244

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好みー!
    普通に開いてもキラキラしてるねー、ってだけなんだけど、90度で開いてみてみると鏡に虹が映って綺麗。
    見開きで奥行きが出るのが素敵。
    色もカラフル。
    もう少しバリエーションが違うともっと好みだったけど、これはこれで十分。

  • ほんとに 不思議な にじだ~

  • 「きょうのおやつは」に比べると娘の食いつきは良くない。
    大好きな食べ物が出てこないから当然ではあるけど、こういう抽象的なのも興味深いと私は思う。

  • 左右どちらか、もしくは両面に反対側の面が映るようになっています。まるで銀色の折り紙のようです。その構造を活かし、直角になるようページを開くことで、虹が増えていきます。その様子にわくわくしました!最後はとても華やかで魅入りました(*^^*)文中にあるとおり、そおっと開くことが大切です。オススメ!

  • 2歳5か月

    「きょうのおやつはなあに」のかがみしかけえほんが好きだったので、借りてみたが、これはあまり見なかった。大人もあまり好まなかった。

  • 図書館本。

    鏡のページに絵柄がうつってひろがる世界に4歳娘は楽しげ。
    うまく鏡の効果を理解して楽しめるかなとちょっと思ったけれど、しっかりした紙だからかめくったり持ったりも安定していて、横から短い文章を少し読み上げてサポートをするくらいで十分だった。

    きれいで楽しい絵本。

  • 丈夫なボードブックで文章はほとんどなく、鏡と虹の絵がメインになった絵本。
    虹という題材の綺麗さ、本の作り、1500円という絵本としては高めの価格設定から、出産祝いや子どもへのプレゼントに良いかもしれません。
    0歳児に見せましたが食い入るように鏡と虹を眺めていました。
    食いつくかは個人差がどうしてもありますが、本棚にあると素敵な絵本だと思います。

  • しかけ絵本。かがみで虹がたくさんになる。


    C8771

  • 虹の絵と鏡を用いた仕掛け絵本。虹が鏡の奥に広がり、絡まったり解けたり弾けたりする仕掛けは綺麗で、見ていて楽しい。

  • ●発想としては特別なことでもないのかもしれないけど、良いしかけだなと思う。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

わたなべちなつ 筑波大学芸術専門学群卒業。その後、グラフィックデザイナーとして家庭用品メーカー勤務を経て、愛知県立芸術大学大学院博士前期課程を修了。現在はフリーランスのデザイナー、絵本作家として「しかけの視覚伝達デザイン」をテーマに作品を制作している。絵本に『きょうのおやつは』『ふしぎなにじ』(「かがみのえほん」シリーズ/福音館書店)。

「2016年 『かがみのサーカス かがみのえほん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべちなつの作品

ふしぎな にじ (福音館の単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする