ちゃいろいつつみ紙のはなし (世界傑作童話シリーズ)

  • 福音館書店
3.44
  • (4)
  • (13)
  • (18)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 120
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834081954

作品紹介・あらすじ

小さな新聞屋さんで退屈していた1枚のちゃいろい紙が、ある日クリスマスプレゼントを包んだ小包となって旅立ちました。届け先でとっておかれた紙はイースターのころ再び小包となり、もとの家へ戻りました。そこで紙を待っていた嬉しい出来事とは。なんの変哲もない紙が、人々に長く大切に扱われるお話は、役割を果たす喜びや誇りに満ちています。幼年文学の名手アリソン・アトリーが紡ぐ、身近なものへの慈しみあふれる物語

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小包などを包むのに使われるあの茶色い包み紙が主人公の話。優しい話になんだか温かくなりました。最後まで大切に使われて包み紙が幸せだったっだろう。どこかレトロな絵がオシャレ。話にあっていて素敵でした。

  • お話も絵も心がなんとなく暖かくなる。

    小学校低学年向け。

  • 昔っぽい絵本だけど最近の発行
    あったかい気持ちになる
    おなじみのアトリーだけど日本の作家さんの絵です!

  • 悲しい結果を予想してハラハラしながら読み進めたけれど、最後まで幸せだった。良かった。大人になるとペシミスティックになって駄目ね…。子供達にはいつも明るい方を見ていてほしいという作者の想いが感じられた。

  • 包装紙が主人公のおはなし。表紙の地味さがなんともいい。いい包装紙を取っておいてまた使う。モノは気持ちを込めて使うといい具合に働いてくれる。雑に扱うとそれなり。使い捨てや100均がはびこる世の中モノを大事にする心を育てるには。たくさんはいらない。大事にしたいと思うものだけ。それで充分でしょ。まずはそこから。

  • 昔の良き時代のお話。1962年アメリカ。擬人化、アミニズム。

  • ちゃいろいつつみ紙が、つつみ紙としての
    役目を終えて、お絵かきをしてもらいついには
    壁に飾られるようになるまでのお話しです。

    つつみ紙の様子がいきいきと描かれていて
    やさしい気持ちになれるお話しでした。

  • こういうの好きです。

  • 包装したプレゼントを、郵送するために包むときに使われる頑丈な茶色い包み紙が主人公。
    子供たちのいる家庭からおばあさんの家に送られ、そこで大事にしまいこまれ、今度はまた、子供たちのいる家へと送り返される。
    プレゼント用の包装紙として、素敵なリボンをかけてもらうことにあこがれる気持ちもあったけれど、大事なプレゼントを守るための包み紙として使われることに誇らしさも感じていく「茶色い包み紙」。
    娘がもう少し大きくなったら、薦めたい一冊。

  • 茶色つつみがみが再利用されて……つつみがみにもこんな冒険があったらね!小学校低学年向け。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アリソン・アトリー 1884年、イギリスのダービシャー州の古い農場に生まれる。広い野原や森で小動物とともにすごした少女時代の体験をもとに、多くの物語やエッセーを書いた。日本語に翻訳された作品に『グレイ・ラビットのおはなし』『時の旅人』(以上岩波書店)、『チム・ラビットのおはなし』(童心社)、「おめでたこぶた」シリーズ、『むぎばたけ』『クリスマスのちいさなおくりもの』『ちゃいろいつつみがみのはなし』(以上福音館書店)など多数。1976年没。

「2020年 『はりねずみともぐらのふうせんりょこう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アリソン・アトリーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×