ひとりじゃないよ、ぼくがいる (世界傑作童話シリーズ)

制作 : 野の 水生 
  • 福音館書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834082869

作品紹介・あらすじ

11歳の少年キーランは両親と妹の4人暮らし。オーストラリアのさびれた田舎町に住んでいる。ある日現れたいとこのボンは、見た目も中身も変わっているため、学校でいじめに遭ってしまう。仲間はずれになりたくないキーランも、いじめグループから抜けられない。ただひとりボンをかばうジュリアも、複雑な親子問題を抱えていた。様々な困難な現実に直面し揺れ動く子どもたちと、それを見守り手を貸そうとする大人たちを温かく描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 良質な文芸作品との印象。
    予定調和や御都合主義の子ども向け作品ではなく、ちゃんと現実を見据えてしっかりと心の動きや周囲の関わりを描いている。
    表紙絵にパズルが描かれているが、まさに1つ1つのピースをはめていくように、物語が進む。

    最後にボンが自由を口にするシーン。
    やっと、自由への道が見えてきたのだなと感動した。
    すべての子どもに安心と希望が与えられますように。
    作者の祈りが聞こえてくる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1957年生まれ。シドニー郊外で育つ。1987年、『All We Know』でオーストラリア児童書審議会賞を受賞。2003年、『Where in the World』(邦題『そして、ぼくの旅はつづく』でパトリシア・ライトソン児童文学賞を受賞。

「2018年 『ひとりじゃないよ、ぼくがいる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サイモン・フレンチの作品

ツイートする