さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・ (福音館の単行本)

著者 :
制作 : 野見山 響子 
  • 福音館書店
4.50
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834083132

作品紹介・あらすじ

瀬田貞二氏の再話や訳による昔話が、読んでも聞いても楽しいお話集になりました。月刊誌「母の友」(福音館)に掲載した昔話を中心に、28話を収録。「とりのみじいさん」など日本の昔話から、「おだんごぱん」など世界の昔話まで全28話。絵本でお馴染みのお話も、今回初めて収録されるお話も幅広く楽しめます。各話見出しに添えた、野見山響子氏の味わい深い版画も魅力。ハンディながらボリュームたっぷりの一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長い時間歩くことの表現を「ゆくがゆくがいくと」、やまうばがサバを食べるようすが「むりむりとたべ」る、川上からこばこは「つんぶくかんぶく」ながれてくる…
    語る言葉として声にだしてなじみがいいのはもちろん、書き言葉として目にして読んでも面白く、お話の情景があざやかに思い浮かびます。

    わたしのお気に入りは「おんちょろちょろ」「牛かたとやまうば」「彦一ばなし」「ねこの大王」

  • この本は、日本ものをベースにいろんなお話が入っているらしいです
    ちいさな本だけど手元にあれば、おやすみ前に読んであげるバリエーションが沢山あっていいでしょうね!

    今回は「おんちょろちょろ」を読んでいただきました
    くすっと笑えていい感じですねっ

  • 名作ばかりで大満足だった!
    読み聞かせの本なので絵はないが、こんなにたーくさん収録されていて、1,000円!安い!
    自分へのご褒美に買おうと思う。
    日本のおはなしは結びの言葉とオチが面白くて、世界のおはなしは設定や展開にびっくりしっぱなしだった。
    大好きな話は、「ねこの大王」。寝る前にこの話をきいたら、どきどきして眠れなさそうだ。

  • とっても短いお話が多いので、読んで聞かせてあげたい。

  • 瀬田貞二の生誕100年を記念して、瀬田氏が再話、訳したおはなし集。
    安心して読めるものばかり。

  • さすが瀬田貞二さん。
    特に日本のむかし話なんて、ひとりで読んでいるときも声にだして読みたくなってしまうくらい。海外のは、石井桃子さん編訳の『イギリスとアイルランドの昔話』にも入ってるものがわりとあったな。

  • 日本の昔話が18編、世界の昔話が10編収められている
    おなじみのお話が揃っていて絵本だと28冊になるところが、こうして一冊にまとめられて読めるのは便利かもしれない
    「ちっちゃなちっちゃなものがたり」、「さんびきのやぎのがらがらどん」も読めてうれしい

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

瀬田貞二(せた ていじ) 1916年、東京生まれ。東京帝国大学で国文学を専攻。児童文学の翻訳、創作、評論や、『児童百科事典』(平凡社)の企画・編集などに精力的にとりくみ、現在の日本の児童文学界に多大な功績をのこした。絵本の翻訳・創作に、『三びきのやぎのがらがらどん』『おだんごぱん』『げんきなマドレーヌ』『かさじぞう』『きょうはなんのひ?』(以上福音館書店)など。童話の翻訳に、『ナルニア国物語』『ホビットの冒険』(以上岩波書店)、『指輪物語』(評論社)など。評論に、『幼い子の文学』(講演録、中央公論新社)、『絵本論』『児童文学論』(以上福音館書店)など多数。1979年逝去。

「2017年 『さてさて、きょうのおはなしは・・・・・・』 で使われていた紹介文から引用しています。」

瀬田貞二の作品

ツイートする