だるまちゃんとはやたちゃん (だるまちゃんの絵本)

著者 :
  • 福音館書店
3.71
  • (4)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834083750

作品紹介・あらすじ

「だるまちゃん」シリーズの最新刊。おっかなもりに出かけただるまちゃんは、不思議な形の家の前で、はやたちゃんと出会います。はやたちゃんは、昔、化け物退治をした「いのはやたのすけ」の子孫です。そのはやたちゃんの誘いで、だるまちゃんは、おばけ大会の審査をすることになりました。東西南北のおばけたちが集まって、姿、形、声、動きなどを競い合います。つちぐもひひひ、ほねほねどどめなど、たくさんのおばけが登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お化け大会の話

  • 2018年初版!本当に亡くなるまで精力的に書かれた方ですね

  • おばけが出てきたのが面白かった。

  • 先生の新しいお話が
    もう読めないのかと思うと切ないなぁ

    夢や希望をありがとうございました

  • 夢が現実か…不思議なお話。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

加古里子 1926年、福井県生まれ。東京大学工学部卒業後、民間会社の研究所に勤務しながら、セツルメント福祉運動、生活文化活動に従事。退職後、東京大学、東京都立大学、横浜国立大学等で児童文化教育論、児童行動論を講義。この間、絵本・紙芝居・物語等の創作と著述を行い、伝承遊びの調査研究を行った。絵本には、『かわ』『ゆきのひ』『とこちゃんは どこ』『マトリョーシカちゃん』『あなたのいえ わたしのいえ』『ことばの べんきょう(全4巻)』『海』『地球』『宇宙』『人間』、著書に『加古里子 絵本への道』(以上、福音館書店)『伝承遊び考(全4巻)』(小峰書店)等がある。工学博士、技術士(化学)。2018年没。

「2018年 『だんめんず』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加古里子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
tupera t...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

だるまちゃんとはやたちゃん (だるまちゃんの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×