かめくんのさんぽ (こどものとも絵本)

制作 : なかの ひろたか 
  • 福音館書店
3.56
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834084566

作品紹介・あらすじ

今日はいい天気、かめくんはごきげんで散歩に出かけます。わにくんやかばくんも誘いますが、みんなお昼寝中。そこでかめくんは……。おなじみ「ぞうくんのさんぽ」シリーズから、小さなかめくんが主人公の新しいお話が生まれました。大きいぞうくんとは一味違うお散歩をお楽しみください。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • のんびりのんびりお散歩。幼児期の子どもたちってこんな感じだよな〜と思いながら読んだ絵本。

  • 3:6

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • のんびりまったり散歩するかめくんを見ていると、眠くなるような、散歩したくなるような不思議な気持ちになります。また、寝ている動物達の上をよじ登る姿が愛くるしい絵本となっています。
    19K057

  • 2歳3か月

    やはりぞうくんのさんぽが一番面白いし、もう少し月齢が小さい時に、どっぼーんのところで声を出してわらっていたが、今回は特に何もなく・・・。
    かめくんが、ぞうくん、かばくん、わにくんのせなかの上をころころするのを、普通にみていた。

  • カメさんがオトーサンに登っていくこどもの姿と重なって笑ってしまった。

  • 2016年に「こどものとも年中向き」5月号として発行された、『ぞうくんのさんぽ』シリーズ第4作目。繰り返しの面白さは前作までと変わらないけれど、最後に登場人物たちの立場の逆転が起こっている(みんなを起こして回ったかめくんの方が、今度は眠くなって寝てしまう)のは微笑ましく、子どもらしくもあって面白い。

  • シリーズ。かめくんがお昼寝しているおともだちのうえをのぼるのがおもしろい。

    C8795

  • 2019年度  仲よし高学年
    3分

  • このシリーズは好きですが、ちょっとお腹いっぱいな感じもしました。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

なかのひろたか 1942年、青森県生まれ。桑沢デザイン研究所リビングデザイン科卒業。アニメーション・スタジオ、デザイン会社勤務を経て、現在は絵本の創作に取り組んでいる。作品に『ぞうくんのさんぽ』『ぞうくんのあめふりさんぽ』『ぞうくんのおおかぜさんぽ』『なきむしおばけ』など、絵を担当した作品に『3じのおちゃにきてください』『ゆうちゃんとめんどくさいサイ』『ゲーとピー』『カユイ カユイ』(以上、福音館書店)など多数。

「2019年 『かめくんのさんぽ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なかのひろたかの作品

ツイートする