鴨緑江の苦い水 太白山脈 (7) (太白山脈)

  • ホーム社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834250275

作品紹介・あらすじ

1950年6月25日、38度線を越えて北朝鮮人民軍が進攻、ついに朝鮮戦争が始まった。各地で左翼勢力が攻勢に転じ、筏橋も再び廉相鎮らによる人民解放の日を迎えた。消息が途絶えていた金範佑の兄、範俊も人民軍将校として帰って来た。農地解放を夢見て喜ぶ農民に対し、警察や青年団、地主たちはいち早く姿を隠したが、虐殺された左翼転向者の遺族たちによる報復事件が止まず、混乱も続く。一方、素花と鄭河燮は再会を果たすが、愛を確かめ合ったのもつかの間、党の指令で彼は平壌に旅立った…。

趙廷來の作品

鴨緑江の苦い水 太白山脈 (7) (太白山脈)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×