泳ぐのに、安全でも適切でもありません

著者 :
  • ホーム社
3.17
  • (64)
  • (133)
  • (688)
  • (62)
  • (17)
本棚登録 : 1644
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834250619

作品紹介・あらすじ

いろんな生活、いろんな人生、いろんな人々。とりどりで、不可解で。江国香織初の書き下ろし短編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 14年ぶりの再読。
    ここまで間が空くとすっかり新作のような気分で読んだ。

    10のお話から成る短編集。
    「愛にだけは躊躇わない、あるいは躊躇わなかった、女たちの物語になりました」(あとがきより)

    このタイトル自体は冒頭に収録されている短編のタイトルにもなっているのだけど、そのお話に限らず全編通して、安全で適切な恋愛なんてこの世には存在しないのかも、と思わされる、そういう共通点があるように思った。
    ある程度幸せな“現在”が描かれている作品でも、どこか刹那的というか、ずっと続くような予感がしないというか…見た目は穏やかなのにどこか不穏さを感じるようなお話が多かった。私の感じ方の問題かもしれないけれど。

    終わってしまった愛、どことなく終わりが見えてしまっている愛、どうにか繋げている愛、倫理的ではない愛。
    様々なかたちがあるけれど、それに包まれている(いた)時女たちは幸福だったのだ、と思う。
    そういう感覚は自分自身、身に覚えがあるから分かる。
    正しさ、とかではなく、周囲から見たら不穏だとしても、その時自分は幸福だったと言い切れるようなもの。

    それでも、どこかあっさりと乾いているところが江國ワールド。色香はあるのにいやらしくないところも。

  • 表題作ほか9篇収録の短篇集。

    心の柔らかい部分にしみいるような江國さんの文章が好きだ。

    文章に身をゆだねてみる。すると、全身で読書しているような感覚を味わうことができる。

    登場人物たちが食事をする場面が多くて、無性にお腹がすく。特に2番目に収録されている、「うんとお腹をすかせてきてね」が良かった。

    p30 「あたしたちは毎回、我ながら見事に食事をする。」
    「感覚という感覚を全部使ってきれいに食べる」

    親密な男と女が、共に食事をし、共に寝る。
    要約するとただそれだけの物語。

    でもよく考えてみると、これはとんでもなく幸せな物語なのだ。

    食欲と性欲と睡眠欲という三大欲求を満たす行為を、
    共に楽しんでくれるパートナーがいるということ。

    人間として、生き物として、最高の幸せだ。

  • ガラス張りのアパートのよう。

    収録されているのは十編の短い短編、その話ごとに世界観はがらりと変わってしまうのに、なんだか全て切ない共通点がある。

    全く違う生活を営む人たちの共通点は部屋は違えど"居住地"。
    そのことの自然さと偶然さと哀しさを随所に見せながら、住人同士の生活を触れられない域で傍観しているかのような透明な読み応え。

    『うんとお腹をすかせてきてね』は唯一何度も何度も読み返した。

    ああ、そうだったのか、と。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      江國香織って、不思議なタイトルの本が多いですね。
      そのセンス惹かれるけど、今迄読む気にならなかった、、、でも「自然さと偶然さと哀しさ」は味わ...
      江國香織って、不思議なタイトルの本が多いですね。
      そのセンス惹かれるけど、今迄読む気にならなかった、、、でも「自然さと偶然さと哀しさ」は味わってみたいな(文庫になったら読んでみよう)。
      2013/01/10
  • 2002年5月9日読了。以下、過去の日記から抜粋。

    最新短篇集。恋愛に関するものばかり。
    しかも起承転結が見つからないほどの短篇。
    そこに江國女史の魅力が凝縮されているような作品である。
    さて、表題作「泳ぐのに、安全でも適切でもありませんとは・・・
    結局何のことかといえば、すなわち「人生」のことであった。
    チキショウ、やられたっと思った。
    読むまで全然分からなかった、変なタイトルだと思っただけだった。
    本当にプロのセンスってのは凡人を超越したところにあるのね。

    好きなのは表題作と「うんとお腹をすかせてきてね」
    あいかわらず不倫の話なのだけれど、どこか可愛い二人が描かれている。
    食べ物の趣味が合うということは本当に必要なことなのだなと思う。
     
      あたしたちは毎晩一緒にごはんを食べる。
      (中略)
      だからあたしは思うのだけれど、あたしたちの身体はもうかなり
      おなじものでできているはずだ。
      栄養素というか、肉体的組織の構成成分として。

    こういう意識の持ち方は非常に素敵な気がする。

  • 江國香織さん2作目。大体わかってきました。
    続いて読んでみたい。

  • ★2002年度山本周五郎賞

    配置場所:1F電動書架C
    請求記号:913.6||E 44
    資料ID:W0123968

  • 一つ一つの話に出てくるどの女性も、私の価値観とは合わないような感じで苦手。でも、自分らしく生きているところは羨ましいな、と思った。男女同士の関係については、どれ一つ羨ましいとは思わなかったが。

  • 江國さんっぽい作品だなと思う。

  • 「愛にだけは躊躇わない女たち」を描いた短編集。
    江國香織が書く「女」は、わかる人にはとことん共感できるが、わからない人にはさっぱり理解できない生き物であると思う。
    私は残念ながら後者だが、時たま共感を覚える文章が出てきてハッとした。
    『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』という言葉と出会えたことが一番の収穫。

    <収録作品>
    泳ぐのに、安全でも適切でもありません/うんとお腹をすかせてきてね/サマーブランケット/りんご追分/うしなう/ジェーン/動物園/犬小屋/十日間の死/愛しいひとが、もうすぐここにやってくる

  • 泳ぐのに、安全でも適切でもないけれど、
    どんな人にも物語があってそれぞれの人生が哀しいけどどこか輝いていて、いいな、とおもう。
    あとがきも良かった。

    瞬間の集積が時間であり、時間の集積が人生であるならば、私はやっぱり瞬間を信じたい。

全204件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

泳ぐのに、安全でも適切でもありませんのその他の作品

江國香織の作品

泳ぐのに、安全でも適切でもありませんを本棚に登録しているひと

ツイートする